認証しているLMPコードの情報を表示するCAIRIMU コマンドはどのようなコマンドですか?

Document created by Ikuhiro-Nagata Employee on Feb 24, 2015Last modified by Ikuhiro-Nagata Employee on Mar 10, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000057

 

製品名:CA Common Services for z/OS

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question

 

CA Common Services for z/OS R12.0から、認証しているLMPコードの情報をCAIRIMU TSO ユーティリティコマンドを使って表示できるようになったようですが、どのようなコマンドでしょうか?

 

Answer

 

コマンド:CAIRIMU PROD(nn)


表示例)

CAS9002I

CAS9087I   Prod (nn) viols|warns/stat(000/N) Warnstart(Sun, 08-Feb-2015)

CAS9088I   Expiry1(Tue, 10-Mar-2015) Expiry2(Thu, 09-Apr-2015)

 

 

説明:

Prod (nn)   ==>   nnはプロダクトコード

viols|warns/stat(000/N)   ==>   ワーニングメッセージの発行回数

Warnstart(***, dd-mmm-yyyy)   ==>   ワーニングメッセージ発行日(CAS9182Aの発行予定日)

Expiry1(***, dd-mmm-yyyy)   ==>   LMPKEYの満了日(LMPKEYに猶予期間を含んだ日付)

Expiry2(***, dd-mmm-yyyy)   ==>   LMPKEYの失効日(Expiry1に猶予期間を含んだ日付)

 

 

個々のメッセージ詳細に関しては、Message Reference Guideをご覧ください。

Attachments

    Outcomes