製品のpaxファイルをUSSディレクトリ上で解凍するバッチジョブが正常に動作しないようです。

Document created by Ikuhiro-Nagata Employee on Feb 25, 2015Last modified by Ikuhiro-Nagata Employee on Mar 10, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC000060

 

製品名:CA Common Services for z/OS

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question

 

r14.1の導入を行っていますが、製品のpaxファイルをUSSディレクトリ上で解凍するバッチジョブが正常に動作しないようです。

BASEコンポーネント用のpaxファイルを解凍したのですが、生成されたUNZIPJCLメンバーは下記のようにBASEコンポーネントでなくOPTIONALコンポーネントのデータセットを作成する内容になっています。


<ARCHDEF archid="CAI.SAMPJCL"

    newname="yourHLQ.OPTIONAL.SAMPJCL"

 

Answer

 

これはBASEとOPTIONALのpaxファイルを同じディレクトリに置いて、BASEのpaxファイルを解凍後にOPTIONALのpaxファイルを解凍したことが原因と考えられます。予め個別のディレクトリを準備して、各々のpaxファイルを解凍するようにして下さい。

 

以下の導入ガイドでの記載は、各paxファイル毎に個別のディレクトリを作成しないと、2個目以降のpaxファイルを解凍する度に同様のファイルが上書きされる事を示しています。

 

<ご参考 : CA Common Services r14.1導入ガイド108ページ抜粋>


「製品の pax ファイルを製品のインストール ディレクトリに解凍するには、Unpackage.txt として、このPDF ファイルに添付されているサンプル ジョブを使用します。CCSのコンポーネントは 4 つの

pax ファイルを使用してパッケージ化されているので、必要な pax ファイルすべてに今すぐ

この手順を実行する方が、後でこの手順に戻るよりも簡単かもしれません。

pax ファイルごとに個別のディレクトリを作成する必要があります。」

 

つまり、各paxファイル毎に個別のディレクトリを作成しないと、2個目以降のpaxファイルを

解凍する度に同様のファイルが上書きされる事になります。

 

下記は正しくディレクトリが作成されている例です。

 

/cai/ESD/CCS/R141/

 

_ Dir 777 rwxrwxrwx 8192 BASE

_ Dir 777 rwxrwxrwx 8192 LEGACY

_ Dir 777 rwxrwxrwx 8192 MFNSM

_ Dir 777 rwxrwxrwx 8192 OPTIONAL

Attachments

    Outcomes