CAIRIM r14.1のPTF RO52581でENHANCEMENTの記述が有りますが、このENHANCEMENTについての詳細を教えて下さい。また対応すべき事は有りますか?

Document created by Ikuhiro-Nagata Employee on Feb 25, 2015Last modified by Ikuhiro-Nagata Employee on Mar 10, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000061


製品名:CA Common Services for z/OS

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question

 

CAIRIM r14.1のPTF RO52581でENHANCEMENTの記述が有りますが、このENHANCEMENTについての詳細を教えて下さい。また対応すべき事は有りますか?

 

Answer


PTF RO52581を適用すると、Common Service Address Space Shell機能が新たに提供されるようになり、以前はCAIRIMにて行われていたIPLの初期段階における機能チェックが、CAMASTERに移されます。この処理において、CAMASTERはCAIRIMの初期化を適切に行う為に必要なコントロール・ブロックのセットアップを行います。即ち、CAIRIMの起動の為には先にCAMASTERの起動が必要になります。

 

CA Common Servicesの導入に於いては、Base pax.Zファイルに含まれる全てのFMIDの導入が必須になっております。

CAMASTER用のFMID CEI0E10は、CA Common Services r14.1のBase pax.Zファイルに含まれております。

 

Base pax.Zのコンポーネントに関して必要なシステム登録(APF,LNKLST,LPA)については CA Common Services r14.1 インストールガイド 第6章に記述されています。

 

またRO52581によりもたらされる機能拡張に伴い、システムのProgram Property Tableの更新も必要です。

具体的にはSYS1.PARMLIBのSCHEDxxメンバを更新し、CASERVプログラムをPPTエントリーとして登録します。

以下のPPTエントリーをSCHEDxxメンバに追加して下さい。

 

PPT PGMNAME(CASRVASI) /* CA-SERV Address Space Control Program */

KEY(4) /* EXECUTION KEY */

NOSWAP /* NON-SWAPPABLE */

PRIV /* PRIVILEGED */

SYST /* SYSTEM TASK */

LPREF /* Long-term PGFIX in non-reconfig stg */

NOPREF /* Short-term PGFIX in reconfig stg */

 

注:RO52583が適用されていれば、上記エントリーの内容はprefix.CAW0OPTNライブラリ内にCASRVASIメンバとして提供されています。

 

PPTエントリーの追加の反映はSET SCH=(xx,yy,zz,L)コマンドにて、IPLなしに動的に行えます。動的に行わない場合はIPL後に反映されます。

 

CAMASTERが起動していない状態でCAS9プロシージャ(CAIRIM)が実行されると、下述のメッセージが出力されます。

CAS9125E - INVALID DATA: * SEVERE ERROR PARMLIB DD. CHECK CAIRIM USAGE *

CAS9105E - INITIALIZATION ERROR - DYNAMIC PRODUCT INITIALIZATION ABORTED

CAS9173E - ERRORS DETECTED DURING CAIRIM INITIALIZATION

 

尚、CAMASTER Address Space及びCommon Address Space Shellの詳細はCA Common Services r14.1 Reference GuideのChapter 13に記述がございます。

 

現時点でCAMASTERアドレス・スペースを必要とするプロダクトは、他にCA Datacom v14、CAIENF/USS v14.0がございます。

将来的には同様にこれを必要とするCA製品は他にも出てくる予定です。

 

CAMASTER Address Spaceが起動すると、SYSLOGに以下のメッセージが出力されるようになります。

 

CAMS100I CAMASTER INITIALIZATION IN PROGRESS

CAMS101I CAMASTER INITIALIZATION COMPLETE

Attachments

    Outcomes