r11.0で利用していたENFPARMをr14.1にコピーして利用することは可能ですか?

Document created by Ikuhiro-Nagata Employee on Feb 25, 2015Last modified by Ikuhiro-Nagata Employee on Mar 10, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000064


製品名:CA Common Services for z/OS

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question

 

CA Common Services for z/OS(以下CCS)をr11.0からr14.1へアップグレードしています。

r11.0で利用していたENFPARMをr14.1にコピーして利用することは可能ですか?

 

Answer


コピーして利用することは可能です。但し一部のパラメータについては変更・追加が必要となります。

r11.0では、ENFDBを作成時にDCM(Data Control Module)を設定して初期化しておりましたので

これらの情報を新しいバージョンのEMFPARMに反映する必要があります。

この為、ENFUTILと呼ばれるツールを使用して、CAS9DB機能を既存のENFDBからENFPARMへ置換します。

 

ENFUTIL実行手順:

(1)r11.0のENFPARMからr14.1のENFPARMへコピーします。もしくは別名でコピーします。

(2)CCSのCAS9DBの機能を利用してENFDBの内容をリスティングしDBOUT DDに指定されるデータセットへ

格納します。

 

//CAS9DB EXEC PGM=CAS9DB,REGION=4096K,TIME=1440

//STEPLIB DD DSN==YOUR.COMMON.SERVICES.R11.CAILIB,DISP=SHR ===> r11.0のCAILIBを指定

//DBOUT DD DISP=(NEW,CATLG),

// DSN=YOUR.R11.ENFDB.LISTING,           ===> 貴社で有効なデータセット名を指定

// UNIT=3390,VOL=SER=??????,SPACE=(CYL,(1,1)),

// DCB=(RECFM=FBA,LRECL=133,BLKSIZE=6118)

//DBIN DD *

LIST DB(*) DETAIL

(3)ENFUTILユーティリティを実行します。

 

//STEP1 EXEC PGM=IKJEFT01,REGION=0M                               

//*                                                               

//R11UTILL DD DISP=SHR,DSN=YOUR.R11.ENFDB.LISTING       ===> (2)のDBOUT DDで出力されたデータ

セットを指定

//*                                                               

//R12ECMDS DD SYSOUT=*                                            

//*                                                               

//SYSEXEC  DD DISP=SHR,DSN=prefix.CAW0JCL                  ===> 貴社で有効なデータセット名を指定

//*                                                               

//SYSPRINT DD SYSOUT=*                                            

//SYSTSPRT DD SYSOUT=*                                            

//SYSTSIN  DD *                                                   

%ENFDBLST                                                         

/*EOF                                                             

※上記サンプルJCLは、prefix.CAW0JCL(ENFUTIL)に格納されております。

 

(4)新しいENFPARMの確認

 上記(3)の実行結果のR12ECMDSの出力結果をご確認ください。

例)SDSFの出力結果

 

NP   DDNAME   StepName ProcStep DSID Owner    C Dest               Rec-Cnt Page

     JESMSGLG JES2                 2 CCSUSR2  X LOCAL                   19    

     JESJCL   JES2                 3 CCSUSR2  X LOCAL                   69    

     JESYSMSG JES2                 4 CCSUSR2  X LOCAL                   47    

     R12ECMDS STEP1              102 CCSUSR2  X LOCAL                  135    

     SYSTSPRT STEP1              104 CCSUSR2  X LOCAL                    4    


(5)コピーしてきたENFPARMの修正

 以前のバージョンで使用されていたENFのDCM及びEVENT制御オプションステートメントのリストが

 ここに表示されます。このオプション ステートメントは、リリース 12.0以前でENFDBに格納され

 ていた設定に一致します。そして、上記(4)のR12ECMDSで出力された内容をr14.1のENFPARMの一番

 最終行にコピーします。

 

(6)廃止されたENFPARMのパラメータの削除

 以下のパラメータは、r12.0より廃止されていますので、定義がある場合には削除します。

 

 BUFFERS,CFPOLICY,COLD,EXTRACT,EXTROFF,MAXUSERS,STRNAME,XSYSLOGR,WORKDS

 

(7)追加するパラメータについて

 DATACOM/ADを利用しない場合には、NODB,RECORD(NO)をENFPARMに追加します。

 

参考文献:『CA Common Services for z/OSインストールガイド 第8章』

Attachments

    Outcomes