インストール後にWebサービスのポートを変更する方法

Document created by Tomo_Fujita Employee on Mar 2, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000111

 

製品名:Privileged Identity Manager

 

バージョン:All

 

OS:All


◆ 内容

CA Access Control のエンドポイント管理/エンタープライズ管理のインストール後、

Webサービスで使用するポートをデフォルトの5248以外に変更する方法

 

◆ 詳細内容

  1. JBoss、CA ACサービスを停止します。
  2. JBossの設定ファイル”webservice.properties”をエディタで開き、webservice.urlの行を編集し、ポート番号を変更します。

    例)JBossをCドライブにインストールしている場合。
    C:\jboss-4.2.3.GA\server\default\conf\webservice.properties
    webservice.url=http://hostname:5248 
  3. レジストリ値”portNumber”を編集し、先ほどと同じポート番号に変更します。
    HKLM\SOFTWARE\ComputerAssociates\AccessControl\WebService
    のportNumber 
  4. JBoss、CAACサービスを開始します。

 

補足:
ホスト名を変更する場合は手順2のwebservice.url、および手順3でレジストリ値machineNameを新しいホスト名に変更します。

 

 

 

 

Attachments

    Outcomes