Windows版 FILEクラスの監査ログの大文字/小文字について

Document created by Tomo_Fujita Employee on Mar 2, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000112

 

製品名:Privileged Identity Manager

 

バージョン:All

 

OS:Windows

 

◆ 内容

FILEクラスイベントのリソース名が、CA AccessControl(以下 CA AC)の監査ログに出力される場合に、

CA ACのバージョンの違いで出方が異なる問題について

 

◆ 詳細内容

FILEクラスのイベントのリソース名をCA ACが監査ログに出力する場合、製品バージョンの違いにより出力内容が異なります。
CA AC 8.0sp1では、全て小文字に変換し監査ログに出力します。
CA AC r12.0sp1では、OSから返される値をそのまま監査ログに出力します。
CA AC r12.5では、基本はCA AC r12.0sp1の動作と同様でOSから返ってきた値を出力しますが、

CA ACのFILEクラスにリソース名を定義した場合、FILEクラスの定義に基づき該当したリソース名を監査ログに出力します。
*(アスタリスク)などワイルドカードをFILEクラスのリソース名に使用した場合は、OSが返した値を監査ログに出力します。

Attachments

    Outcomes