Linux IA64版 javaを導入していない場合のメッセージについて

Document created by Tomo_Fujita Employee on Mar 2, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000121

 

製品名:Privileged Identity Manager

 

バージョン:All

 

OS:Linux IA64

 

◆ 内容

Linux IA64にjavaを導入していない場合のメッセージについて

 

◆ 詳細内容

実装ガイド記載の通り、Linux s390、Linux s390x、Linux IA64にCA Access Controlを導入する場合、

レポート機能の為にjavaのインストールが必要になります。

~~~
実装ガイド > UNIX エンドポイントのインストールおよびカスタマイズ > はじめに > Linux s390 エンドポイントのインストールの考慮事項 > インストール時の Java の設定

 

インストール時の Java の設定
Linux s390、Linux s390x および Linux IA64 で有効

UNAB Linux s390 エンドポイントをリモート管理し、Linux IA64 でレポート機能を使用するためにメッセージ キュー機能を使用する場合、

サポートされている Java のバージョンをエンドポイントにインストールします。
~~~

 

もしLinux IA64にjavaがインストールされていない場合、CA AC起動時に下記のようなメッセージが表示されます。
---------------------------------------------------------------------------
/opt/CA/AccessControl/bin/seagent: /opt/CA/AccessControlShared/JavaStubs/bin/libjvm.so: no version information available (required by /opt/CA/AccessControl/bin/seagent)
---------------------------------------------------------------------------
通常のCA AC動作には問題ありません。

 

[対応]
javaを導入後、/opt/CA/AccessControlShared/accommon.iniのjava_home変数にJREのパスを設定します。
例) java_home=/usr/java/jdk1.6.0_24/jre

Attachments

    Outcomes