CAICCIコンポーネントを稼動させようとしましたが、ENF起動時にCAS9608I メッセージが出力されました。

Document created by Ikuhiro-Nagata Employee on Mar 3, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI on Mar 13, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000040


製品名:CA Common Services for z/OS

バージョン:All

OS: z/OS


Question

 

CAICCIコンポーネントを稼動させようとしましたが、ENF起動時に下記のメッセージが出力されました。

何かすべき事が抜けているのでしょうか?

 

 CAS9608I - CAICCI Subsystem is not operational

 

Answer

 

下記はCAICCIコンポーネントを導入する際の基本的手順です。

ENFが既に稼動している事を前提としていますので、必要であれば先にENFコンポーネントを導入して下さい。

 

1. CAICCIコンポーネント用のFMIDを導入します。

2. CAICCI用のDCM(CAS9DCM3)をENFDBに定義します。

    CAS9DBユーティリティでINSTコントロール・オプションを指定する事でこれを行います。

3. ENFプロシージャのOPTLIB DDに指定されるCCIPARMSメンバにおいて、少なくとも下記のステートメントが

    含まれるよう更新します。

 

    SYSID(nnnnnnnn) /* any 1-8 character unique name */ 

 

4. ENFプロシージャにおいて置換文字CCIPARMのコメントを外します。更に、その置換文字が含まれる、DD名

    ENFPARMSにおいてコンカチされているDDステートメントのコメントも外します。

 

//ENF    PROC  STEPLIB='CAI.CAILIB',

//         OPTLIB='CAI.PPOPTION',

//         DBDSN='CAI.ENFDB',

//         ENFPARM=ENFPARM,

//*        CCIPARM=CCIPARM,     <===コメント外す

//*        SPNPARM=SPNPARM,

//         ENFCMDS=ENFCMDS,

//         OUTC='*'

.

.

//ENFPARMS DD DISP=SHR,DSN=&OPTLIB(&ENFPARM)

//*        DD DISP=SHR,DSN=&OPTLIB(&CCIPARM)     <===コメント外す

//*SPNPARMS  DD DISP=SHR,DSN=&OPTLIB(&SPNPARM)

//ENFCMDS  DD DISP=SHR,DSN=&OPTLIB(&ENFCMDS)

 

 

5. ENFを(再)起動し、CCIを初期化します。全て正しく設定されていれば、CAS9626I CAICCI Subsystem is Operational

   メッセージが出力されます。

Attachments

    Outcomes