Windows版 Windows 2008上の猶予ログインについて

Document created by Tomo_Fujita Employee on Mar 3, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000131

 

製品名:Privileged Identity Manager

 

バージョン:All

 

OS:Windows

 

◆ 内容

CA Access Control Windows版(以下 CA ACと略記)でWindows 2008上でログインを行う場合、graceの値が複数回減算される事象が発生する。

 

◆ 詳細内容

CA AC Windows版 をWindows 2008に導入しPASSWORDクラスが有効となっている場合で

一部のログインの動作を行うことで猶予ログイン回数(grace)が複数回減算される事象が報告されています。

現在わかっている複数回記録される動作は以下の通りです。

  • パスワードの変更を伴うGUIログイン
  • RDP(Remote Desktop)経由のログイン

 

これはWindows内部のログイン方法が変更されたことに起因して、一度のログインにおいて

複数回のグインイベントが発生し、ACで認識するログインイベントが複数回発生するためです。

パスワードの期限切れで設定されるgrace値は十分な余裕をもった値で設定するか、

PASSWORDクラスを無効化してgraceの減算を回避してください。

 

Attachments

    Outcomes