r12から標準装備されたServiceabilityという機能はどのようなものですか? また、Serviceabilityを利用するために何か必要となる事はありますか?

Document created by IKU-OSAKA Employee on Mar 3, 2015Last modified by IKU-OSAKA Employee on Mar 10, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000049


製品名:CA Common Services for z/OS

バージョン:All

OS: z/OS


Question

 

r12から標準装備されたServiceabilityという機能はどのようなものですか? また、Serviceabilityを利用するために何か必要となる事はありますか?

 

Answer

 

Serviceabilityは各CA製品に問題(ABEND)が発生した場合の解析をしやすくするためのものです。ご利用頂ければ、以下のようなメッセージが出力されるようになります。

 

CCSR021I OWNER = CA ENF R14.0
CCSR022I MODULE = CAS9MISC FMID = CAW1E00 RMID = RO12345
CCSR061I PSW: 07040000 80000000 00000000 08807874
CCSR062I ILC: 04 INTERRUPT CODE: 03 REASON CODE: 00000000
CCSR063I TRANSLATION EXCEPTION ADDRESS: 00000000_7F18D000
CCSR064I DATA AT PSW 0880786E : 000444F0 B0B618FB 180C181D
CCSR065I HOME = 0032 PRIMARY = 0032 SECONDARY = 0032
CCSR070I GR0 - GR1 00000000_00BFB000 00000000_0B5613F0
CCSR070I GR2 - GR3 00000000_888017B0 00000000_0000A722
CCSR070I GR4 - GR5 00000000_00000000 00000000_007FFB00
CCSR070I GR6 - GR7 00000000_007D4FE0 00000000_FD000000
CCSR070I GR8 - GR9 00000000_00BFB000 00000000_0B561000
CCSR070I GR10 - GR11 00000000_0B561100 00000000_088077BA
CCSR070I GR12 - GR13 00000000_88807380 00000000_0B561158
CCSR070I GR14 - GR15 00000000_88807860 00000000_00000000
CCSR071I AR0 - AR3 00000000 00000000 00000000 00000000
CCSR071I AR4 - AR7 00000000 00000000 00000000 00000000
CCSR071I AR8 - AR11 00000000 00000000 00000000 00000000
CCSR071I AR12 - AR15 00000000 00000000 00000000 00000001

 

※Searviceabilityを利用する場合は、ライブラリのLPA定義、およびLINKLIST定義の登録が必要です。

 r12をご使用の場合、LPA : CAILPAライブラリ、LINKLIST : CAILOADライブラリ
 r14以降をご使用の場合、LPA : CAW0LPAライブラリ、LINKLIST : CAW0LINKライブラリ

Attachments

    Outcomes