SystemEDGE エージェントの停止と再起動を行う方法

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 19, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000240

製品名:                CA eHealth SystemEdge

バージョン:           4.xのみ

OS:                      -

 

概要

SystemEDGE エージェントの停止と再起動を行う方法を教えてください。

 

回答

Windows

  1. コマンドプロンプトからエージェントを停止するには、以下のコマンドを実行します。
    net stop snmp
  2. コマンドプロンプトからエージェントを起動するには、以下のコマンドを実行します。
    net start snmp

UNIX

再起動時にエージェントが自動起動するよう設定されている場合に、エージェントを停止して再起動する方法

  1. root ユーザとして、コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。
    /etc/rc2.d/S99sysedge stop
  2. root ユーザとして、コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。
    /etc/rc2.d/S99sysedge start

エージェントが手動で起動されている場合に、エージェントを停止して再起動する方法

  1. root ユーザとして、コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。
    ps -ef|grep sysedge 

    出力は以下のようになります。

    # ps -ef|grep sysedge
        root   308     1  0   Jul 23 ?        9:26 /opt/EMPsysedge/bin/sysedge.sol28-sparcv9 -b -p 161 -l /etc/sysedge.lic -f  /etc/sysedge.cf -m /etc/sysedge.mon

  2. root ユーザとして、コマンドプロンプトから、以下のコマンドで PID (この例では 308 )を指定して、実行中のプロセスを停止します。
    kill 308
  3. その後、以下のコマンドでエージェントを起動します。
    /opt/EMPsysedge/bin/sysedge.sol28-sparcv9 -b -p 161 -l /etc/sysedge.lic -f  /etc/sysedge.cf -m /etc/sysedge.mon

Attachments

    Outcomes