SystemEDGE エージェントのトラブルシューティング

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 19, 2015Last modified by shunsuke_katakura Employee on Mar 27, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000241

製品名:                CA eHealth SystemEdge

バージョン:           4.xのみ

OS:                      -

 

概要

SystemEDGE エージェントのトラブルシューティング方法について説明します。

 

手順

UNIX での SystemEDGE エージェントのトラブルシューティング方法は以下のとおりです。

  1. エージェントプロセスが動作していることを確認します。
  2. エージェントが 「fullMode」 で動作していることを確認します。
  3. エージェントがバインドされているポートの状態を確認します。
  4. syslog ログ記録機能のログファイルを参照して、関連するエラーがないかどうかを調べます。
  5. エージェントがSNMP 要求に応答していることを確認します。

Windows での SystemEDGE エージェントのトラブルシューティング方法は以下のとおりです。

  1. エージェントがインストールされていること、およびライセンスが有効であることを確認します。
  2. Windows SNMP サービスが動作していることを確認します。
  3. エージェントが 「fullMode」 で動作していることを確認します。
  4. エージェントがバインドされているポートの状態を確認します。
  5. %SystemRoot%system32sysedge.log ファイルを参照して、関連するエラーがないかどうかを調べます。
  6. エージェントがSNMP 要求に応答していることを確認します。

Attachments

    Outcomes