UNIX ベースのプラットフォームで SystemEDGE エージェントを再起動する方法

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 19, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000242

製品名:                CA eHealth SystemEdge

バージョン:           4.xのみ

OS:                      UNIX

 

概要

UNIX ベースのプラットフォームで SystemEDGE エージェントを再起動する方法を説明します。

 

回答

SystemEDGE エージェントを再起動する方法はプラットフォームに依存するため、UNIX のプラットフォームごとに異なります。

 

エージェントの起動に使用するスタートアップスクリプトと構文は、オペレーティングシステムによって異なる場所に置かれています。すべてのバージョンを 「root」 ユーザとして起動する必要があります。

Solaris         /etc/rc2.d/S99sysedge start

 

HPUX           /sbin/rc2.d/S990sysedge start

 

Linux           /etc/rc.d/rc2.d/S99sysedge start

 

AIX              /usr/lpp/EMPsysedge/bin/sysedge -b

 

IRIX             /etc/rc2.d/S99sysedge start

 

Digital UNIX         /sbin/rc3.d/S99sysedge start

オプションのスタートアップ手法やパラメータなど、エージェントの起動に関する詳細については、SystemEDGE エージェントユーザガイド を参照してください。

Attachments

    Outcomes