UNIX ベースのシステムで、SystemEDGE エージェントのプロセスが動作していることを確認する方法

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 19, 2015Last modified by shunsuke_katakura Employee on Mar 27, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000244

製品名:                CA eHealth SystemEdge

バージョン:           4.xのみ

OS:                      -

 

質問

UNIX ベースのシステムで、SystemEDGE エージェントのプロセスが動作していることを確認する方法を教えてください。

 

回答

エージェントが実際に動作し、適切な引数を使用していることを確認するには、「ps」 コマンドを使用します。

コマンドの出力を以下に示します。

# ps -aef | grep sysedge
root   544   540  0 12:56:02 pts/8    0:00 grep sysedge
root 18574     1  0   <date>?       14:00 /opt/EMPsysedge/bin/sysedge.sol29
-sparcv9 -b -p 161 -l /etc/sysedge.lic -f /etc/sysedge.cf

この出力例から、 SystemEDGE エージェントのプロセスが、 ID18574 のプロセスとして動作していることがわかります。

重要なフィールドは以下のとおりです。

root :プロセスの所有者
18574 :SystemEDGE プロセスのプロセス ID
/opt/EMPsysedge/bin/sysedge.sol29 :プロセスに関連付けられているバイナリファイルの場所
-sparcv9 :プラットフォームに依存する引数
-b :プロセスがバックグラウンドで動作していることを示す
-p 161 :エージェントがポート番号 161 にバインドされていることを示す
-l /etc/sysedge.lic :エージェントが使用しているライセンスファイルを表示する
-f /etc/sysedge.cf :エージェントが使用している構成ファイルを表示する

上記のプロセスの引数は、 SystemEDGE の起動スクリプトと /etc/sysedge.cf ファイル内で設定されています。これらのファイルが修正されている場合、プロセスが実際に使用している引数は、その修正の内容と一致します。

動作中のプロセスとして表示されない場合、または動作していても引数が適切でない場合は、 SystemEDGE エージェントを再起動する必要があります

Attachments

    Outcomes