SystemEDGE エージェントのエラーメッセージの保管場所

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 19, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000248

製品名:                CA eHealth SystemEdge

バージョン:           4.xのみ

OS:                      -

 

質問

SystemEDGE エージェントのエラーメッセージはどこに保管されますか。

 

回答

SystemEDGE エージェントは、syslog ユーティリティを使ってエージェントから受け取ったすべてのエラーメッセージと診断メッセージをログに記録します。UNIX システムでは、ユーザがログの保管場所を定義できます。システム管理者にお問い合わせのうえ、システムの設定に応じた適切な保管場所を決定してください。 Windows では、ログの保管場所は常に %SystemRoot%\system32\sysedege.log となります (デフォルトの設定が変更されていない限り)。

 

デフォルトの保管場所は以下のとおりです。

Solaris : /var/adm/messages

HPUX : /usr/adm/syslog/syslog.log

Linux : /var/log/messages

Windows : %SystemRoot%\system32\sysedge.log

SystemEDGE エージェントユーザガイド付録A には、生成される可能性のあるメッセージとその意味、および解決方法の一例が記載されています。

Attachments

    Outcomes