Unix での eHealth 環境変数の設定・変更方法

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 20, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000255

製品名:                CA eHealth

バージョン:          -

OS:                      UNIX

 

手順

eHealth の環境変数は $NH_HOME ディレクトリにあるリソース ファイルに書き込まれ、読み込まれます。変更は、nethealthrc.sh.usr ファイルと、ユーザが利用しているシェルの関連する .usr ファイルに対して行ってください。主なシェル リソース ファイル (nethealthrc.sh, nethealthrc.csh, nethealthrc.ksh) は、ファイルが準備されたときに自動的に適切な .usr ファイルを作成します。.usr ファイル内の変数設定は、マスター ファイルの設定を上書きします。

eHealth コンソールは起動時に nethealthrc.sh ファイルを読み込むため、変更は、必ず nethealthrc.sh.usr ファイルとユーザの使用するシェルの nethealthrc.* ファイルに対して行ってください。

*.usr ファイルの変数設定の構文は、各シェルのソース ファイルと一致しなくてはなりません。例えば、 nethealthrc.sh.usr ファイルに環境変数の変更を追加する場合は、 nethealthrc.sh ファイルにある構文を使用してください。

たとえば、C シェルのユーザに対し、 NH_EXAMPLE 変数に “ yes ” を設定する場合は以下の変更を行ってください。

>nethealthrc.sh.usr ファイル
export NH_EXAMPLE;NH_EXAMPLE="yes"

>nethealthrc.csh.usr ファイル
setenv NH_EXAMPLE "yes"

変数設定を変更した後、

  1. eHealth サーバを停止します。
  2. eHealth コンソールを閉じます。
  3. 適切な nethealthrc.* ファイルを準備します。
  4. eHealth サーバとコンソールを起動します。

Attachments

    Outcomes