ifOperStatus=down のインターフェースで 0 と記録されているものと何も記録されていないものがあるのはなぜか

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 23, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000285

製品名:                CA eHealth

バージョン:           5.7, 10.0, 4.8, 5.0.2, 5.6.6, 6.0, 6.1, 6.2, 5.5, 5.6, 5.6.5

OS:                      -

 

説明

今は ifOperStatus=down となっていて、それまで ifOperStatus=up だった間はポーリングされていたインターフェースの場合、eHealth は 0 を記録し、有効なポーリングと記録データをレポートします。

これにより eHealth は、重要な情報である可用性 0 を記録できます 。

eHealth がポーリングを中断すると、いかなる状況にあるインターフェースでも可用性 0 を記録できなくなります。

唯一の特例は、スイッチなどのデバイスで、ポートが使用されていないにも関わらずifAdminStatus =Upが設定されている場合です。この場合 インターフェイスは決してifOperStatus=Up にならないため、データは欠落します。

 

 

補足情報

ifOperStatus オブジェクトのステータスと識別子 (OID)

ObjectifOperStatus
OID1.3.6.1.2.1.2.2.1.8
TypeINTEGER
Permissionread-only
Statuscurrent
Values 1 : up
2 : down
3 : testing
4 : unknown
5 : dormant
6 : notPresent
7 : lowerLayerDown

  


この情報は、CA Support Online に掲載されている以下のナレッジベースを翻訳したものです。

TEC516635: Why are some ifOperStatus down interfaces storing zeros and some ifOperStatus down interfaces not storing anything? (Legacy KB ID CNC TS25057 ) (公開日:2008/6/18)

CA は、お客様が本情報を利用されたことによって生じた直接または間接な問題や損害については、いかなる責任を負わないものとします。もし誤訳を発見された場合には、CA サポートまでご連絡ください。



Attachments

    Outcomes