Oracle Parallel パラメータの変更

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 23, 2015Last modified by shunsuke_katakura Employee on Mar 27, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000290

製品名:                CA eHealth

バージョン:           6.1, 6.2, 6.1.1, 6.1.2, 6.2.1, 6.2.2

OS:                      -

 

概要

弊社内での検証の結果、ある Oracle パラメータの設定を変更することで、 eHealth 製品をよりよくお使いいただけることがわかりました。この変更は eHealth 6.3 で製品に反映されます。Oracle 10.2 を組み込んでいる 6.1 および 6.2 (全パッチレベル)をご利用のお客様は、この変更を適用されることを推奨いたします。この変更を行うことで、製品のパフォーマンス面での改善が期待できま す。

※ Oracle 9i を組み込んでいる以前のバージョンには適用できません。

 

設定方法

  1. eHealth の administrator アカウント ($NH_USER) でシステムにログインします。 setParams.zip をダウンロードし、システム上の空のディレクトリにコピーします。コマンド プロンプトを開き、zip ファイルをダウンロードしたディレクトリに移動します。Windows の場合は、sh を入力して Unix シェルを開きます。

    ファイルを展開します。
    $NH_HOME/bin/sys/nhiUnZip setParams.zip

    これで一つのファイル setParams.sh が展開されます。日本語Windows版のeHealth 環境上で実行する場合には、スクリプトを変更する必要があります。詳細は eHealth 6.1のバックアップサイズについて 「注意点)TEC535005提供のスクリプト実行時の注意点」をご確認ください。

    Unix の場合は以下のコマンドでファイルに実行権限を付与します。
    chmod 755 setParams.sh

  2.   以下のコマンドで setParams.sh を実行します。

    ./setParams.sh

    何らかのエラーが発生したら、CA eHealth テクニカル サポートまでご連絡ください (よくある問題の修正手順を、ページ下の注意欄に記載しています)。問題がなければ、続けて Oracle のパラメータ ファイルを編集します。

  3.   Oracle のパラメータ ファイルを編集します。

    ここでは、環境変数 ORACLE_SID と $NH_ORACLE_HOMEの値と、Oracle parallel_max_servers パラメータ設定が必要です。以下の手順でこれらの値を確認してください。

    a. Unix の場合は、$NH_USER としてコマンド プロンプトを開きます。
    Windows の場合は、eHealth の administrator アカウントでログインします。

    b. ORACLE_SID の値を確認するには、コマンド プロンプトに以下を入力します。
    env | grep SID

     $NH_ORACLE_HOME の値を確認するには、コマンド プロンプトに以下を入力します。
    env | grep NH_ORACLE_HOME

     parallel_max_servers の値を確認するには、コマンド プロンプトに以下を入力します。
    $NH_HOME/bin/sys/nhisql "show parameter parallel_max_servers"

  4. 返ってきた値で以下の$NH_ORACLE_HOME や SID を置き換えて、Oracle パラメータ インクルード ファイル init{SID}.ora.usr を探します。

    Windows : $NH_ORACLE_HOME/database/init{SID}.ora.usr
    Unix : $NH_ORACLE_HOME/dbs/init{SID}.ora.usr

    たとえば、Windows でコマンドを実行し、 SID は EHEALTH、$NH_ORACLE_HOME は E:/oracle/oracle10.2 だとわかったとします。その場合、init{SID}.ora.usr ファイルは E:/oracle/oracle10.2/database/initEHEALTH.ora.usr となります。

    ファイルを編集する前に init{SID}.ora.usr のバックアップを取得します。デフォルトではファイルは空です。ファイルに以下のエントリを追加します。もしファイルにすでにエントリが含まれている場合 は、最後に追加します。parallel_max_servers エントリには、上記3の nhisql で返ってきた値を使用してください。ここでは 32 ですが、システムの CPU 数によって 4~32 までの幅があります。

    parallel_max_servers=32
    parallel_execution_message_size=16384
    optimizer_dynamic_sampling=6

    init{SID}.ora.usr を保存します。

  5. これらの変更を有効にするには、データベースを再起動する必要があります。そのためには以下の手順で eHealth、Report Center(インストールされている場合)、データベースの再起動をおこなってください。

    nhServer stop
    nhReportCenter stop
    nhStopDb immediate
    nhStartDb
    nhReportCenter start
    nhServer start

◆ 既知の問題

setParams.sh スクリプト実行中に Oracle エラーが発生する場合があります。スクリプトの実行を開始してすぐに、spFile{SID}.ora ファイルがロードされているにも関わらず、ファイルが見つからないという内容のエラーが発生します。このエラーが発生した場合は、以下の手順に従ってくだ さい。

  1. eHealth を停止します。

    nhServer stop

  2. $NH_USER で sqlplus を起動します。

    例:sqlplus ehealth/ehealth

  3. データベースを停止します。

    shutdown immediate

  4. データベースを起動します。

    startup

  5. sqlplus から exit します。

    exit

  6. 設定方法の手順 2 に戻り、setParams.sh スクリプトを実行し、作業を続けます。

 


この情報は、CA Support Online に掲載されている以下のナレッジを翻訳したものです。翻訳後に参照しているナレッジが更新されている場合があります。

TEC535005: Oracle Parallel Parameter changes (最終更新日:2011/9/26)

CA は、お客様が本情報を利用されたことによって生じた直接または間接な問題や損害については、いかなる責任を負わないものとします。もし誤訳を発見された場合には、CA サポートまでご連絡ください。


Attachments

    Outcomes