SystemEDGE アクションスクリプトが実行されない

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 23, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000296

製品名:                CA SystemEDGE

バージョン:          12.x

OS:                      -

 

Question

SystemEDGE バージョン 4.x と同じようにアクションスクリプトの設定を行いましたが、バージョン 12.x では期待通りにアクションスクリプトが実行されません。


Answer

SystemEDGE バージョン 12.x を新規インストールすると、バージョン 4.x と異なり、以下のパラメータが有効な状態の設定ファイル( sysedge.cf ) がビルトインされます。

no_actions

(*) バージョン 12.x の sysedge.cf の場所
----------------------------------------
Windows 2003
      C:¥Documents and Settings¥All Users¥Application Data¥SystemEDGE¥port<xxxx>¥sysedge.cf

Windows 2008
      C:¥ユーザー¥パブリック¥CA¥SystemEDGE¥port<xxxx>¥sysedge.cf

UNIX/Linux
      $CASYSEDGE/config/port<xxxx>/sysedge.cf

 

このパラメータが有効な場合、SystemEDGEはアクションスクリプトを実行する機能が無効化されます。
本パラメータをコメントアウトして、SystemEDGE サービスを再起動してください。

 

[追加情報]
SystemEDGE バージョン 12.5 - WINDOWS版 では、本パラメータをコメントアウトしたとしてもアクションスクリプトを実行できない不具合が確認されております。
バージョン 12.6 では本問題は確認されておりません。
12.5 - WINDOWS版 用の修正パッチをご希望の際は、サポートへご連絡下さい。

Attachments

    Outcomes