eHealthの設定再登録手順

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 24, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000309

製品名:                CA eHealth

バージョン:           6.1.1 日本語版

OS:                      Windows / Solaris

 

Question

CA eHealth (スタンドアローン環境) の設定再登録手順について説明します。
本手順を活用できるケース例は以下のとおりです。

  1. あるeHealth環境の複製を構築したいが、DBバックアップ(ASCII形式)のリストアは避けたいとき
  2. Remote Polling Site の Site ID を変更するため、既存の設定を削除しなければならないとき

(注意) 性能データ/スケジュールレポートジョブを移行したい場合、当手順では再登録を実現できませんので、ASCII形式のDBバックアップをリストアしてください。

 

Answer

既存情報のエクスポート

エレメント情報
nhExportConfig -dciOut elements.dci -sections "Elements,Operations"

グループ情報
(*) WINDOWSの場合、DOSプロンプトにて sh を実行しUNIXプロンプトに入ってください。
$ nhGroup -list | while read LINE; do nhListElements -inGroup ${LINE} > ${LINE}.txt; done; unset LINE

グループ毎の所属エレメント一覧を「グループ名」.txt として作成します。

グループリスト情報
nhExportConfig -dciOut GroupLists.dci -sections "GroupLists,GroupListContents,Operations"

Live Exception 設定
nhExportLiveExCfg -dciOut liveExceptions.dci -sections "ThresholdConditions,EventThresholdConditions,AlarmConditions,AlarmAttributes,AlarmRules,
MonitoredSubjects,Nms,NotifierRules,Operations" -profiles user

ユーザアカウント設定
nhExportWebAcct -dciOut accounts.dci -passwd

Live Trend 設定
$NH_HOME/web/output/users/<UserAccount>/chartDefinition/<Policy>.ltd を保存してください。当ファイルはLive Trend の設定ファイルです。
(*) Live Trend 機能を利用されていない場合、.ltdファイルは存在しません。
当設定ファイルに、参照先のエレメント名とエレメントIDが記載されています。

スケジュールジョブ設定
スケジュールジョブ設定のエクスポートツールは存在しません。
nhSchedule -list -full の出力を元にして、手動で登録してください。

 

 

情報のインポート

エレメント情報
nhConfig -dciIn elements.dci

グループ情報
nhGroup -insertMembers -groups グループ名 -elementFile グループ名.txt

グループリスト情報
nhConfig -dciIn GroupLists.dci

Live Exception 設定
nhImportLiveExCfg -dciIn liveExceptions.dci

ユーザアカウント設定
nhImportWebAcct -dciIn accounts.dci
ユーザアカウント毎のグループ毎のアクセス権限は復元されません。手動にて再設定してください。

Live Trend 設定
$NH_HOME/web/output/users/<UserAccount>/chartDefinition/<Policy>.ltd に対して
エレメント再登録後の新エレメントIDを更新してください。
エレメントIDは、OneClick画面にて表示フィールドの設定に「Element ID」を追加すると表示することができます。

 

 

[補足] eHealth エレメント/グループ/グループリスト 再作成時の注意

    

影響項目注意事項必要となる対処
性能データエレメントを削除すると、そのエレメントに紐づく性能データも削除されます。エレメントを削除すると、性能データを復活させることはできませんのでご注意ください。
レポートジョブレポートジョブは、エレメント/グループ/グループリストの内部IDを参照しています。エレメント/グループ/グループリストの再作成により内部IDが変化することから、既存のレポートジョブは動作しなくなります。手動での再設定が必要です。
ユーザーアカウントアカウントのグループ毎個別権限設定は、グループの再作成により消失します。手動での再設定が必要です。
Live ExceptionLive Exception の監視対象項目設定は、対象のグループ/グループリストが削除されると、設定が自動的に削除されます。nhExportLiveExCfg
nhImportLiveExCfg
にて対応可能です。
Live Exception通知サービス設定は、グループ削除時に削除されません。グループを再作成する前に、既存の通知サービス設定を削除する必要があります。
Live TrendLive Trend は、エレメントの内部IDを参照しています。エレメント再作成後、既存のチャート設定は動作しなくなります。エレメント再作成後、設定ファイル上の参照エレメントIDを手動にて更新する必要があります。
グループ
グループリスト
グループ/グループリストを削除してもDB上のエントリは残ります。そのため、同じ名前で再作成しようとすると内部エラーになります。グループ/グループリスト削除後
nhScrubFsa -deletedObjectHours 0
を実行してDB上の残存エントリを削除してから再作成する必要があります。

Attachments

    Outcomes