SystemEDGEのフラグについて

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 24, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000310

製品名:                CA SystemEDGE

バージョン:           12.7

OS:                      -

 

Question

セルフモニタリングのフラグ設定で、以下の2つの設定を同時に有効にした場合の挙動について教えてください。

0xY00200 Y回連続してFALSEの場合にTrap送信
0xY00400 最大Y回のみTrap送信

 

Answer

上記の2つの条件をANDした際、フラグは、0xY00600 となります。
このときは、以下のような動作となります。

 

Y回連続してFALSEの場合に、1回トラップを送信する

上記の2つのフラグは、どちらもYの箇所のビットを使用しますが、両フラグを同時に有効にすると、お互いのフラグの動作は共存しません。同時に有効にする場合のみこのような動作になります。

Attachments

    Outcomes