Data Repositoryリストア手順

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 24, 2015Last modified by shunsuke_katakura Employee on Mar 27, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000320

製品名:                CA Infrastructure Management Data Aggregator

バージョン:           2.x

OS:                      Linux

 

Question

Data Repository (VERTICA)のバックアップをリストアする方法について教えてください。

 

Answer

バックアップと同じvbr.pyユーティリティを用いてリストアを行います。

Data Aggregatorのプロセスを停止させてください。
# /etc/init.d/dadaemon stop


[注意]
リストアの際にはData Repository(VERTICA)を停止させておく必要があります。

Data Repositoryの管理者ID(dradmin)でサーバにログインするか、rootユーザから「su - dradmin」でユーザを切り替えてください。
$ /opt/vertica/bin/adminTools
Main Menuから「Stop Database」を選択して停止作業を行ってください。

 

リストア・コマンド:
vbr.py --task restore --config-file <バックアップで使用したコンフィグファイル名>
(パラメータの前にハイフンを2回続けます。)

例:
$ /opt/vertica/bin/vbr.py --task restore --config-file /export/dradmin/snapshot1.ini
Preparing...
Found Database port: 5433
Copying...
960342299 out of 960342299, 100%
All child processes terminated successfully.
restore done!

Attachments

    Outcomes