MySQLバックアップ手順

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 24, 2015Last modified by shunsuke_katakura Employee on Sep 30, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000321

製品名:                CA Infrastructure Management Data Aggregator

バージョン:           2.x

OS:                     Linux

 

Question

CA Performance CenterのMySQLをバックアップする方法について教えてください。

 

Answer

作業実施前にCA Performance Centerのサービスを停止してください。(MySQLを除く)
# /etc/init.d/caperfcenter_eventmanager stop
# /etc/init.d/caperfcenter_devicemanager stop
# /etc/init.d/caperfcenter_sso stop
# /etc/init.d/caperfcenter_console stop

 

次のコマンドでMySQLの稼働状態を確認してください。
# /etc/init.d/mysql status
「MySQL running」の表示が出れば先へ進んでください。
「MySQL is not running」の表示が出た場合は、次のコマンドでMySQLを起動してください。
# /etc/init.d/mysql start

 

[注意]
MySQLが停止状態でバックアップを行うと次のエラーが発生します。
mysqldump: Got error: 2002: Can't connect to local MySQL server through socket
'/opt/CA/MySql/data/mysql.sock' (2) when trying to connect

 

バックアップファイル出力先の任意のディレクトリへ移動してください。
ここでは例として/tmpを使用します。
# cd /tmp


次のコマンドでバックアップを実行してください。
# /opt/CA/MySql/bin/mysqldump netqosportal > netqosportal.sql

# /opt/CA/MySql/bin/mysqldump em > em.sql

 

ファイルサイズの節約のため、バックアップ出力ファイルを圧縮します。
圧縮後はオリジナルのバックアップ出力ファイルを削除してください。
# tar czvf netqosportal.tgz netqosportal.sql

# tar czvf em.tgz em.sql
# rm ./netqosportal.sql

# rm ./em.sql

 

CA Performance Centerのサービスを開始してください。
# /etc/init.d/caperfcenter_eventmanager start
# /etc/init.d/caperfcenter_devicemanager start
# /etc/init.d/caperfcenter_sso start
# /etc/init.d/caperfcenter_console start

Attachments

    Outcomes