Windows r12.6GA以降 アップグレード時にAgent Managerサービスが追加されない問題について

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Mar 25, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000193

 

製品名:Privileged Identity Manager

 

バージョン: r12.6GAからr12.8GA

 

OS: Windows

 

内容

 

 CA Privileged Identity Manager for Windows r12.6GA以降にアップグレードする場合において、Agent Managerサービスが追加されない問題について

 

 

詳細内容

 

 CA Privileged Identity Manager for Windows(以下PIM)のr12.5以前からr12.6GA以降にアップグレードする場合、
 Agent Managerサービスが追加されません。(新規インストール時では問題なく追加されます。)
 下記のようにして、手動で追加することができます。

 

 1.secons -sにてPIMサービスを停止。

 2.以下のレジストリに値を追加。
  HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥ComputerAssociates¥AccessControl¥AccessControl¥AccessControlServices
  AgentManager;CA Access Control Agent Manager

 3.seosd -startにてPIMサービスを起動。

 4.Windowsのサービスメニューを起動し、問題なく起動できているかをご確認下さい。

 

 この問題は次期リリース(r12.8 SP1、r12.9予定)で修正される予定です。

Attachments

    Outcomes