Data AggregatorおよびData Collectorのメモリ割り当て最大値の変更

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 25, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000201

製品名:                CA Infrastructure Management Data Aggregator

バージョン:           2.x

OS:                     Linux

 

Question

インストール時に割り当てたData AggregatorおよびData Collectorのメモリ割り当て最大値を変更したい。

 

Answer

/opt/IMDataAggregator/apache-karaf-2.3.0/bin/setenv
/opt/IMDataCollector/apache-karaf-2.3.0/bin/setenv
それぞれのファイルのIM_MAX_MEMパラメータに指定されています。

 

デフォルトではこのパラメータに2GBが設定されますが、他のアプリケーションが稼働していないCA Infrastructure Management専用のLinuxシステムの場合、システムに搭載されている「物理メモリ - 2GB」までを指定することができます。メモリの実際 の利用状況は「more /proc/meminfo」コマンドで参照することができ、カーネルが認識している全物理メモリはMemTotalの値で表示されます。

Data Collectorはデバイスに対するポーリング結果をData Aggregatorに受け渡しますが、Data Aggregatorとの接続が失われた場合には、Data CollectorのIM_MAX_MEMパラメータに指定されたメモリ領域の50%までをこのキャッシュのために使用します。(ディスクへのキャッシュ は行いません。)  Data Aggregatorとの接続が再開された段階で古い情報からデータを引き渡し、該当のメモリ領域を解放します。Data Collectorのキャッシュ割り当ての上限に達した段階でキャッシュの処理が停止し、それ以降のポーリングデータは失われます。

 

◆ キーワード

Data Aggregator Data Collector メモリ 割り当て 最大値 karaf IM_MAX_MEM

Attachments

    Outcomes