同一ノードにおけるData Collectorの再インストール注意点

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 26, 2015Last modified by shunsuke_katakura Employee on Mar 17, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000338

製品名:                CA Infrastructure Management Data Aggregator

バージョン:           2.x

OS:                     Linux

 

Question

Data Collectorを同じマシン上で再インストールする際に、何か注意点はありますか?

 

Answer

Data CollectorはユニークなIDをインストール時に自動的に内部に設定します。単純に再インストールするだけでは以前とは別のData Collector IDが設定され、同一ノードであっても新規のData Collectorと認識されてしまいます。このためData Collectorを再インストールする際には、以前のIDを指定して情報を引き継ぐ形でインストールする必要があります。

まず、次の1a1bのどちらかの方法で、既存のData CollectorのIDを確認します。
(得られるIDの内容は同じです。)

 

1a:ブラウザを用いる方法
次のURLにアクセスし、DcmIDの値を参照してください。
http://<Data Aggregatorホスト名>:8581/rest/dcms
037040044_001.png

1b:設定ファイルを用いる方法
次のファイルを開き、collector-manager-idの値を参照してください。
/opt/IMDataCollector/apache-karaf-*/etc/com.ca.im.dm.core.collector.cfg
037040044_002.png

注:後で参照できるようData Collectorのアンインストール作業前に、このファイルを別の場所に退避しておくことをお勧めします。

2:既存のData Collectorのアンインストール
# /etc/init.d/dcmd stop
# /opt/IMDataCollector/Uninstall/アンインストール

3:Data Collectorの再インストール
インストールの実行前に、既存のData Collector IDを環境変数DCM_IDに指定してください。
# export DCM_ID=<1の手順で確認したData Collector ID>
Data Collectorのインストールモジュールが存在するディレクトリに移動してください。
# ./install.bin
新規導入の時と同じようにインストールしてください。自動的に以前のData Collector IDが引き継がれ、インストール完了後は自動的にData Aggregatorと再接続します。

 

 

◆ キーワード

Data Collector 再インストール DCM_ID ID DCMID

Attachments

    Outcomes