r7.1のSP01からSP05にアップグレード後、バッチチェックを実行した際に、下記CAY6111Iメッセージが出力されるようになりました。このメッセージを出力しないようにすることは可能ですか?

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 3, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 8, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000562

 

製品名:CA JCLCHECK WORKLOAD AUTOMATION

バージョン:r7.1

OS: z/OS

 

Question

 

r7.1のSP01からSP05にアップグレード後、バッチチェックを実行した際に下記CAY6111Iメッセージが出力されるようになりました。

このメッセージを出力しないようにすることは可能ですか?

 

Answer


CAY6111Iメッセージは、バッチチェックの際に出力されるメッセージで、r7.1 SP04より実装されました。このCAY6111Iメッセージは、メンバー名とジョブ名が異なる場合に出力される情報メッセージです。当該メッセージの出力が不要である場合には、JCLMSGを修正して抑制(Suppress)する事ができます。

尚、TSOでの!JCKコマンド実行(EDCHECK)では、このCAY6111Iメッセージは出力されません。

Attachments

    Outcomes