CAY6036Sメッセージの抑止方法について

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 3, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 4, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000566

 

製品名:CA JCLCHECK WORKLOAD AUTOMATION

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question

 

JOBステートメントのプログラマー名、アカウント名に対して、CAY6036Sメッセージが出力されます。

これらの抑止することは可能でしょうか?

 

Answer


CA JCLCheckでは、検査対象となるJCLのJOBステートメントにプログラマー名、アカウント名の記述が必須であり、指定がなければ当該メッセージが出力される仕様です。このようなメッセージを抑止したい場合には、シンタックスチェック構文を保持するMVS4XTBLメンバーを修正することで抑止が可能です。


<ご参考:修正手順>

1.PPOPTIONのMVS4XTBLでの修正個所はプログラマー名について記述した$J6PCBマクロです。

  REQ=YESをREQ=NOに変更します。PROGRAMMR(プログラマー名)およびACCOUNT(アカウント名)について修正します。


  修正前

               $J6PCB NAME=ACCOUNT,PTB=JOBACTG,REQ=YES,

                 XBIT=(XJBJFACT,XJBJFLG4)

               $J6PCB NAME=PRGRAMMR,VTB=JPRGMMR,REQ=YES,

                 BIT=(XJBJFPGM,XJBJFLG4)

 

  修正後

               $J6PCB NAME=ACCOUNT,PTB=JOBACTG,REQ=NO,

                 XBIT=(XJBJFACT,XJBJFLG4)

               $J6PCB NAME=PRGRAMMR,VTB=JPRGMMR,REQ=NO,

                 BIT=(XJBJFPGM,XJBJFLG4)


2.修正後、SAMPJCLのZ2xxMVS4を修正・実行し、当テーブルを再アセンブル/リンクします。

Attachments

    Outcomes