r11.0でJCLDFLTメンバーをアセンブル/リンクする為のサンプルJCLが見当たりません。該当するメンバー名を教えてください。

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 4, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 4, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000579

 

製品名:CA JCLCHECK WORKLOAD AUTOMATION

バージョン:r11.0

OS: z/OS

 

Question

 

r11.0でJCLDFLTメンバーをアセンブル/リンクする為のサンプルJCLが見当たりません。該当するメンバー名を教えてください。

(r7.1導入時はSAMPJCLのZ171DFLTというメンバーを使用しました。)

 

 

Answer


r7.1で提供されていたJCLDFLTのアセンブル/リンク用JCLメンバー Z171DFLTは、r11.0よりMZ1B024に統合されました。MZ1B024はSMP方式を採用しており、CAZ2ASM/CAZ2LNKの準備は不要です。r11.0以降でJCLDFLTのアセンブル/リンクをする場合には、こちらをご利用ください。

(ご参考 : JCLCheck r11.0 インストールガイド 4-48 手順32)


なお、以下のテーブルにつきましては、従来のCAZ2ASM/CAZ2LNKを使用するメンバーと、SMPを使用するメンバーのどちらもご利用が可能です。


 JCLUPT      ==> Z2B0UTP   もしくは MZ2B025 を利用可能

 JCLUTIL     ==> Z2B0UTL    もしくは MZ2B044 を利用可能

 JCLMSG     ==> Z2B0MSG  もしくは MZ2B023 を利用可能

 MVS4XTBL  ==> Z2B0MVS4 もしくは MZ2B012 を利用可能


また、USER EXITのアセンブル/リンクJCLは以下のように対応しています。

(ご参考 : JCLCheck r11.0 インストールガイド 4-47 手順31)


    CAZ1XJOB   MZ1B032

  CAZ1XEXE   MZ1B031

  CAZ1XDD    MZ1B027

  CAZ1XSTE   MZ1B035

  CAZ1XEOF   MZ1B028

  CAZ1XERR   MZ1B030

  CAZ1XPAR   MZ1B033

  CAZ1XEOJ   MZ1B029

Attachments

    Outcomes