CA Panvaletライブラリーのメンバーが破損した場合のリカバリー方法は?

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Jun 5, 2015Last modified by Kenji_Tsuda Employee on Jun 5, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC000693

製品名:CA Panvalet

バージョン:ALL

OS:z/OS


Question

CA Panvaletライブラリーのメンバーが破損した場合のリカバリー方法は?

Answer

R14.3とR14.4は、CA Panvaletライブラリーのフォーマットが同じなので、バージョン標示がR14.3のままとなっています。

PAN#4の++CLEARで新しいCA Panvaletライブラリーをアロケーションし、PAN#2の++OPTION OUTPUTと++TRANSFER,aaaaaaaaaa,9999999999でメンバーをコピーしてください。
破損メンバーが存在した場合、コピー処理はそのメンバーを処理せず一旦停止しますので、そのメンバーをスキップし、処理を続行してください。
破損したメンバーは修復できませんので、バックアップデータからPAN#2の++RESTOREでコピーしてください。

 

①新しいライブラリーを作成する(++CREATE)。

//PANVALET JOB type your jobcard
//STEP1   EXEC PGM=PAN#4
//STEPLIB  DD DSN=your panvalet loadlibrary,DISP=SHR
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//PANDD1   DD DSN=your panvalet library,DISP=(,CATLG),UNIT=SYSDA,
//            VOL=SER=VOLUME,DCB=DSORG=DA,SPACE=(CYL,2)
//SYSIN    DD *
++CLEAR RECORDS=nn,DATASETS=nnnnn
/*
//

     PANDD1     新しいCA Panvaletライブラリー。
     SYSIN      ++CLEARを指定。RECORDS=は、1トラックあたりのレコード数を意味し、DATASETS=は、CA Panvaletライブラリーに格納できるメンバ数を意味します。
                また、RECORDS=の値によってライブラリーのBLKSIZEも決定します。RECORDS=に関しましては、System Management GuideのBlock Sizes for Initializing the Libraryをご参照ください。

                DISKタイプによってBLKSIZEの値も異なります。

 

 

②他のライブラリーへメンバーを複写する(++OPTION, ++TRANSFER)。

 

//PANVALET JOB type your jobcard
//STEP1   EXEC PGM=PAN#2
//STEPLIB  DD DSN=your panvalet loadlibrary,DISP=SHR
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//PANDD1   DD DSN=your panvalet library in,DISP=SHR
//PANDD2   DD DSN=your panvalet library out,DISP=SHR
//SYSIN    DD *
++OPTION OUTPUT
++TRANSFER name1,name2
/*
//

     PANDD1     入力元CA Panvaletライブラリー。
     PANDD2     出力先CA Panvaletライブラリー。
     SYSIN      ++OPTION OUTPUTを指定。
                ++TRANSFER 複写開始メンバー,複写終了メンバーを指定。
                name1 ライブラリー内で先頭にくるメンバー名を指定。
                name1 9999999999を指定。

 

 

③バックアップよりライブラリーを復元する(++RESTORE)。

 

//PANVALET JOB type your jobcard
//STEP1   EXEC PGM=PAN#2
//STEPLIB  DD DSN=your panvalet loadlibrary,DISP=SHR
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//PANDD1   DD DSN=your panvalet library,DISP=SHR
//PANDD3   DD DSN=your protection file,DISP=(SHR,KEEP),UNIT=TAPE,
//            VOL=SER=VOLUME,LABEL=(1,SL)
//SYSIN DD *
++RESTORE name1,name2,version
/*
//

     PANDD1     出力先CA Panvaletライブラリー。
     PANDD3     入力元プロテクション・ファイル。
     SYSIN      ++RESTORE リストアー元メンバー名,リストアー先メンバー名,バージョンを指定。

Attachments

    Outcomes