JCLをCA JCLCheckで検証して、特に問題が無ければそのまま実際にSUBMITすることは可能ですか?

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 5, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000583

 

製品名:CA JCLCHECK WORKLOAD AUTOMATION

バージョン:r11.0

OS: z/OS

 

Question


JCLをCA JCLCheckで検証して、特に問題が無ければ、そのまま実際にSUBMITすることは可能ですか?

 

Answer


事前に以下の手順でのSUBCHECK機能をセットアップしていただくことで可能です。


<設定手順>


   1.  prefix.CAIOPTN内にメンバーSUBCHKDDを作成して、メンバーCAZ1SSUPの内容をコピーします。

        (オプションの設定、特にPROCオプション、ALLOCにつきましてはEDCHKDDの内容が参考になります。)


        <SUBCHKDDの設定例>

              SUBCHEK V COND SEV(0) PROC(PROC00) NOL        <== SUBCHEK 実行時オプションを指定

              ALLOC FI(PROC00) DA(SYS1.PROCLIB)                      <== 貴社でご使用のカタプロデータセットを記述

              : 

              ALLOC FI(*) DA(####.PROCLIB)                                     <== 貴社でご使用のカタプロデータセットを記述

              GO


    2.  CAS9の初期化パラメータに以下を追加します。


    3.  PRODUCT(CA-JCLCHECK) VERSION(Z1B0) INIT(Z1B0INIT) PARM(SUBCHEK, SUBCHKDD)


    4.  SUBCHEK 機能をご利用になるログオンプロシージャに以下のDD文を追加します。


              //SUBCHKDD DD DSN=prefix.CAIOPTN(SUBCHKDD),DISP=SHR

 

          CA JCLCheck、CA Common ServicesのCAILIBがLINKLISTにない場合にはSTEPLIBにコンカチします。


    5. CAS9のスタートプロシージャへDD名STEPLIBにCA JCLCheckの ロードモジュールライブラリをコンカチします。


        詳細につきましては、インストレーションガイドをご参照ください。

 


Attachments

    Outcomes