r7.1からr11.0へアップグレードしたところ、CAY6077Wのメッセージが出力されました。

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 5, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 9, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000591

 

製品名:CA JCLCHECK WORKLOAD AUTOMATION

バージョン:r11.0

OS: z/OS

 

Question


CA JCLCheckをr11.0へアップグレードしてJCLを検証したところ、メッセージCAY6077Wのメッセージが出力されました。


<検証対象のサンプルJCL>

//COPY1   EXEC  PGM=IEBCOPY

//SYSPRINT  DD  SYSOUT=*

//IN1              DD  DSN=CAJ.TEST.DATA,

//                           DISP=SHR,UNIT=SYSDA,VOL=SER=TEST01A

//OUT1          DD  DSN=ALIAS00,

//                           DISP=SHR

//SYSUT3     DD  SPACE=(CYL,(10,10)),UNIT=SYSDA

//SYSUT4     DD  SPACE=(CYL,(10,10)),UNIT=SYSDA

//SYSIN        DD  *

  C I=((IN1,R)),O=OUT1

//


CAY6077W NO "00000000"  UNITS ARE AVAILABLE FOR "           "


具体的には、DSN=ALIAS00に対して、NULLデータ,ブランクを伴うCAY6077Wメッセージが表示されます。

このメッセージを抑止する方法を教えてください。

 

 

Answer


検査対象のJCLのデータセット名がALIASのみもしくは、第一修飾子のみ指定されている場合、VSAMオプションでは、検証に使用する情報が不足することがあり、確実にJCLの検査を行えないことが有ります。その結果CAY6077Wが発行されています。

このような検証を行う場合には、現行のVSAMオプションに代えて、検証情報が強化されたCSIオプションを指定してください。

なお、CSIオプションの詳細については、FAQ:JTEC000592をご覧ください。

Attachments

    Outcomes