r11.0からr12.0へアップグレードしたところ、以下のCAY6374Eメッセージが出力されました。 以前のバージョンでは、出力されていませんでしたが正しいでしょうか?

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 5, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 29, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000599

 

製品名:CA JCLCHECK WORKLOAD AUTOMATION

バージョン:r12.0

OS: z/OS

 

Question


r11.0からr12.0へアップグレードしたところ、以下のCAY6374Eメッセージが出力されました。

以前のバージョンでは、出力されていませんでしたが正しいでしょうか?


尚、以下のJCL内のLISTCに指定のあるデータセットは存在しません。


<検証対象のサンプルJCL>

//IDCAMS   EXEC PGM=IDCAMS

//SYSPRINT DD  SYSOUT=*

//SYSIN    DD   *

  LISTC LVL(TESSE01.*.CNTLXYZ)

//


CAY6374E ERROR PROCESSING 'TESSE01.*.CNTLXYZ' IDCAMS MESSAGE 'IDC3012I..CAZ2CSI: DATA SET NOT FOUND (INI00020).'

 

Answer


これはr12.0での動作が正常です。お客様のIDCAMSのLISTCの対象としているデータセットは存在しないとのことですので、本来はCA JCLCHECKによってメッセージが出力されるのが正しい動作となります。

この対応はr11.0のPTF:RO52530によって修正されており、最新のr12.0にも同様の対処が行われております。


Attachments

    Outcomes