r11.0からR12.0へアップグレードする予定です。R12.0でもR11.0のJCLCheck ERROR EXIT、CAZ1XERRをそのまま使用できますか?

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 8, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 8, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000603

 

製品名:CA JCLCHECK WORKLOAD AUTOMATION

バージョン:r12.0

OS: z/OS

 

Question


r11.0からR12.0へアップグレードする予定です。現在JCLCheck ERROR EXIT、CAZ1XERRにて、特定のメッセージについて$WAを参照して、メッセージ変数内容を検証後メッセージ出力/抑止を判断しています。R12.0でもR11.0のJCLCheck ERROR EXIT、CAZ1XERRをそのまま使用できますか?


 

Answer


CA JCLCheckによるメッセージ変数の設定はr11.0 のPTF RO10569以降「$WA」から「$WA2」へ変更されました。

CA JCLCheck本体が設定したメッセージ変数をERREXIT CAZ1XERR内で確認する際は、その参照箇所を「$WA」から「$WA2」へ変更する必要があります。


ただし、$JCLGLBL内のフィールド「$WA」自体は、そのまま80バイトの「GENERAL PURPOSE WORKAREA」として使用可能で、メッセージ出力マクロ$JCLERR内で旧リリースと同じように参照できます。


したがって、他EXITで「$WA」へメッセージ変数を設定し、ERREXIT CAZ1XERR内で参照するユーザーカスタマイズ仕様の場合、「$WA」から「$WA2」への変更は必要ありません。


ERREXIT コード例:


旧リリースでの$WA参照コード

CAY6341 EQU *

                CLC $WA+1(2),=C'06'        CAY6341 STARTS 06 ?

                BNE KEEP                          NO, KEEP MESSAGE



R12.0リリースで$WA2を参照するように修正

CAY6341 EQU *

                CLC $WA2+1(2),=C'06'      CAY6341 STARTS 06 ?

                BNE KEEP                          NO, KEEP MESSAGE


Attachments

    Outcomes