CA JCLCheck r12.0からの新機能でADRDSSUユーティリティーコントロールカードのチェック機能が追加されていますが、これらの機能を抑止することは可能ですか。

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 8, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000604

 

製品名:CA JCLCHECK WORKLOAD AUTOMATION

バージョン:r12.0

OS: z/OS

 

Question


CA JCLCheck r12.0からの新機能でADRDSSUユーティリティーコントロールカードのチェック機能が追加されていますが、これらの機能を抑止することは可能ですか。


Answer


USERMOD:MZ2C025を利用することで対応可能です。


対応手順:

1) prefix.CAZ2JCL(MZ2C025)のJCLを編集します。

2) prefix.CAZ2SRC(JCLUPT)から以下の部分を当該JCLにコピーします。


  "$UPT ADRDSSU"からREQ=SYSPRINTまでを以下のようにコピーします。

  1カラム目をコメントアウトして、00579930行から00579953行までのADRDSSUの後ろの

  継続文字”-“を削除します。


指定例)

 //SMPPTFIN DD DATA,DLM=$$

 ++USERMOD(MZ2C025) /* IDENTIFY USERMOD */.

 ++VER(Z038) FMID(CAZ2C00) /* PRE(xxxxxxx) */ .

 ++SRCUPD (JCLUPT) DISTLIB(AAZ2SRC).

 ./ CHANGE NAME=JCLUPT

 * JCLUPT - JCLCHECK UTILITY PROGRAM TABLE. THIS NON-EXECUTABLE * 00050000

 *    $UPT ADRDSSU,                        IBM SMS UTILITY                     ADRDSSU 00579930

 *              CTL=SYSIN,                                                                         ADRDSSU 00579940

 *              VBT=DSSUVBT,                VBT table for EXEC PARM=      ADRDSSU 00579950

 *              UCP=JCLCDSSU,             UTILITY CALL PROGRAM        ADRDSSU 00579951

 *              EXEPARM=YES,               VALIDATE EXEC PARM            ADRDSSU 00579952

 *              CALLPGM=YES,               CALL VALIDATION PROGRAM ADRDSSU 00579953

 *              REQ=SYSPRINT                                                                  ADRDSSU 00579990

 ./ ENDUP

$$

//*

//* ======> DEFINE SMP SELECT CONTROL STATEMENTS

//*


その他:作業前に必要に応じてロードモジュールライブラリーのバックアップしてください。

Attachments

    Outcomes