新しいCA Panvaletライブラリーに全メンバーをリネームしてコピーする方法がありますか?

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Jun 9, 2015Last modified by Kenji_Tsuda Employee on Jun 6, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC000710

製品名:CA Panvalet

バージョン:ALL

OS:z/OS

 

Question

新しいCA Panvaletライブラリーに全メンバーをリネームしてコピーする方法がありますか?

 

Answer

1ステップで実施することができないため、以下の方法で処理を行なってください。

 

ステップ1;

異なるライブラリー間で全メンバーをコピー

 

//PANVALET JOB type your jobcard

//STEP1   EXEC PGM=PAN#2

//STEPLIB  DD DSN=your panvalet loadlibrary,DISP=SHR

//SYSPRINT DD SYSOUT=*

//PANDD1   DD DSN=your panvalet library.old,DISP=SHR

//PANDD2   DD DSN=your panvalet library.new,DISP=SHR

//SYSIN    DD *

++OPTION OUTPUT

++TRANSFER member,9999999999

/*

//

 

     member     コピーを開始するメンバー名で、ライブラリー内で最初のメンバーであることを意味します。

     9999999999  コピーを終了するメンバー名で、ライブラリー内で最後のメンバーであることを意味します。

 

ステップ2;

メンバーをリネームするために使用するSYSINカードを作成(SYSPUNCHに出力)

 

//PANVALET JOB type your jobcard

//STEP2   EXEC PGM=PAN#2

//STEPLIB  DD DSN=your panvalet loadlibrary,DISP=SHR

//SYSPRINT DD SYSOUT=*

//PANDD1   DD DSN=your panvalet library.new,DISP=SHR

//SYSPUNCH DD DSN=your syspunch file,UNIT=SYSDA,

//           DISP=(,CATLG,DELETE),SPACE=(CYL,(1,1)),

//           DCB=(RECFM=FB,LRECL=80,BLKSIZE=3120)

//SYSIN    DD *

++USING PGP

+-RENAME ,

++PRINT 0-UP

/*

//

 

     ++USING PGP    CA Panvaletグループ・プロセッサ機能を使用することを意味します。

     +-RENAME ,    CA Panvaletグループ・プロセッサ機能を使用し、全メンバーに対する++RENAMESYSINカードを作成する際に使用します。

     ++PRINT 0-UP     対象メンバー名を抽出するために++PRINT 0-UPのディレクトリ情報を使用することを意味します。

 

ステップ3;

ステップ2で作成されたSYSINカードを編集し、リネームするメンバー名を指定

 

例)

     作成されたSYSINカード

 

     ++RENAME   PANVLT01,

     ++RENAME   PANVLT02,

     ++RENAME   PANVLT03,

     ++RENAME   PANVLT04,

     ++RENAME   PANVLT05,

 

     リネームするメンバー名を指定したSYSINカード

 

     ++RENAME   PANVLT01,newmem01

     ++RENAME   PANVLT02,newmem02

     ++RENAME   PANVLT03,newmem03

     ++RENAME   PANVLT04,newmem04

     ++RENAME   PANVLT05,newmem05

 

ステップ4;

ステップ3で編集したSYSINカードを使用しメンバーをリネーム

 

//PANVALET JOB type your jobcard

//STEP3   EXEC PGM=PAN#1

//STEPLIB  DD DSN=your panvalet loadlibrary,DISP=SHR

//SYSPRINT DD SYSOUT=*

//PANDD1   DD DSN=your panvalet library.new,DISP=SHR

//SYSIN    DD DSN=your syspunch file,DISP=SHR

//

Attachments

    Outcomes