Foreground(前景)、Package(パッケージ)、Quick-Editの画面で、CCID、コメント、詳細記述フィールドにDBCSを入力することが出来るか?

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Jun 9, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC001029

製品名:CA Endevor

バージョン:ALL

OS:z/OS

 

Question

Foreground(前景)、Package(パッケージ)、Quick-Editの画面で、CCID、コメント、詳細記述フィールドにDBCSを入力することが出来るか?

 

Answer

DBCSの入力は可能です。DBCSを入力するためには、C1DEFLTSのMIXEDFMT=に以下のようなパラメータを設定する必要があります。

 

  +--------------+-------------------------------------------+

  | パラメータ      | 詳細記述                                    |

  +--------------+-------------------------------------------+

  | CCID         | CCIDフィールドにDBCSの入力が出来る               |

  | COMMENT      | COMMENTフィールドにDBCSの入力が出来る            |

  | DESCRIPTION  | DESCRIPTIONフィールドにDBCSの入力が出来る        |

  | ALL          | 全てのフィールドにDBCSの入力が出来る              |

  | NONE         | 全てのフィールドにDBCSの入力が出来ない             |

  +--------------+-------------------------------------------+

 

例)

//SYSIN    DD  *

         C1DEFLTS TYPE=MAIN,                                           X

                     :

                     :

               MIXEDFMT=(CCID,COMMENT), ALL|(CCID,COMMENT,DESCRIPTION) X

                     :

                     :

 

以下は画面のイメージです。

 

Foreground(前景);

--------------------------- エレメントの ADD/UPDATE  --------------------------

  オプション ===>

 

    ブランク  - メンバー・リスト       A - ADD      U - UPDATE

 

TO ENDEVOR:                         アクションのオプション :

    環境          ===> aaaaaaa          CCID              ===> ________  <== 入力可能

    システム       ===> bbbbbbb          エレメントのGEN       ===> Y (Y/N)

    サブシステム    ===> ccccccc          入力ソースの削除      ===> N (Y/N)

    エレメント       ===>                  新バージョン          ===>

    タイプ         ===> ddddddd          サインアウトの上書      ===> N (Y/N)

                                       プロセッサ GRP =      ===>

                                       ADD 時のメンバー置換   ===> N (Y/N)

    コメント       ===> ________  <== 入力可能

 

FROM ISPFライブラリ :           リスト・オプション :

    プロジェクト    ===> eeeeeee          リストの表示      ===> Y (Y/N)

    ライブラリ     ===> fffffff

    タイプ        ===> ggggggg

    メンバー      ===>              から  ===>             まで

 

  その他の区分または順次データ・セット :

    データセット名  =>

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

---------------------------- CCID / コメントの入力 ----------------------------

  コマンド ===>

 

    指定必須の有無 :

         CCID  : Y  (Y/N)

         コメント : Y  (Y/N)

 

    アクション : ******     エレメント : yyyyyyyy

 

    環境  :     aaaaaaa      システム : bbbbbbb     サブシステム : ccccccc

    タイプ :     ddddddd      ステージ : zz

 

 

    CCID      ===> ________  <== 入力可能

    コメント     ===> ________  <== 入力可能

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

Package(パッケージ);

MODIFY------------------------ パッケージの作成 / 変更 ------------------------

  オプション ===>

 

    B - SCL の生成                         I  - SCL の IMPORT

    E - SCL の編集                         C  - 他のパッケージからコピー

    N - パッケージノートの追加

 

  パッケージ ID: TESTPACK                  状況 :  IN-EDIT

  詳細記述  ===> ________  <== 入力可能

  パッケージ・タイプ   ===> STANDARD    既存パッケージへの追加  ===> N (Y/N)

  パッケージの共有   ===> N (Y/N)     STOPRC             ===> 16

  バックアウト機能    ===> Y (Y/N)                    ( リターン・コード )

  実行タイム・テーブル ===> 20JAN09 00:00  から  ===> 31DEC79 00:00  まで

 

  コピー元パッケージ ID ===>

 

FROM ISPF ライブラリ :

    プロジェクト    ===> eeeeeee

    グループ      ===> fffffff

    タイプ        ===> ggggggg

    メンバー      ===>

 

  その他の区分または順次データ・セット :

    データ・セット名  ===>

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

Quick-Edit;

------------------  ALLFUSION ENDEVOR クイック・エディット  ------------------

コマンド ===> _______________________________________________________________

対話コマンド :

   D  対話省略時値   AO  アクション・オプション   P  パッケージオプション

エレメント・オプション :

  BLANK  エレメントリスト  B  表示   CR  新規作成  E  編集   C  変更点

      G  ジェネレート    #  削除    M  マスター   O  移動   S  サマリー

     LC  コンポーネントの表示        LL  リストの表示        H  変更履歴

     LI  INPUT コンポーネントの表示  LO  OUTPUT コンポーネントの表示

     SI  サインイン

FROM ENDEVOR :                    リスト・オプション :

   環境 .......... aaaaaaa           CCID = ................ ________  <== 入力可能

   システム ....... bbbbbbb           プロセッサ・グループ = ......

   サブシステム .... ccccccc           環境マップの検索 .......... Y (Y/N)

   エレメント .......                   1エレメントのみ ........... Y (Y/N)

   タイプ ......... ddddddd           選択リストの表示 ........... N (Y/N)

 

アクションのオプション :

   CCID ....................... ________  <== 入力可能

   コメント ...................... ________  <== 入力可能

   プロセッサ・グループ ........

   サインアウトの上書 ......... N (Y/N)

 

    COPYRIGHT (C) 2006 CA. ALL RIGHTS RESERVED.

Attachments

    Outcomes