”CCA CMDB Export”レポートが失敗する

Document created by Yasuyuki_Miura Employee on Jun 10, 2015Last modified by shunsuke_katakura on Mar 19, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:      JTEC000723

製品名:        CA Configuration Automation 12.7.x, 12.8.x, CA Business Intelligence 3.2, 3.3

OS:            Windows, SQL Server 2008

 

◆ 概要説明

BOXIのInfoViewから”CCA CMDB Export”レポートを実行した場合、以下のメッセージが表示されレポートが失敗します。
”接続を開けませんでした。 CA CMDB Export”

033080031_01.jpg

 

◆ 解決策

この問題は、既存のデータソースとユニバースの関連が正しくない場合に発生します。ユニバースに新しいデータソースを割り当てることで問題が解決されます。
手順は以下の通りです。

  1. Designer にadministratorユーザでログインします。
  2. ファイル->インポートを選択して"CCA_CMDB"ユニバースのインポートを実行します。
    033080031_02.jpg
     
  3. ファイル->パラメータを選択して、 [ユニバースのパラメータ] を開き、[新規作成(N)…]ボタンをクリックします。

    033080031_03.jpg

  4. [新しい接続の定義] の“データベース ミドルウェアの選択”で以下の設定を行います。

    接続の種類 : セキュリティ
    接続名    : 任意の名前 (例 CCA_CMDB_2)
    ドライバに "Microsoft"->"MS SQL Server 2008"->"OLE DB プロバイダ"を選択

    033080031_04.jpg

  5. [次へ(N) >]ボタンをクリックして、"ログインパラメータ"で以下の設定を行います
    認証モード : 指定したユーザ名とパスワードを使用する
    サーバ    : サーバ名 (名前付きインスタンスの場合は、“サーバ名\インスタンス名”)
    他は適切な値を設定

     

    033080031_05.jpg

  6. [次へ(N) >]ボタンをクリックして、”設定パラメータ”で以下の設定を行います

    接続プールモード : 各トランザクション終了時に切断
    他は変更する必要はありません。

    033080031_06.jpg

  7. [次へ(N) >]ボタンをクリックして終了をクリックします。
  8. 設定完了後 [OK]ボタンをクリックして [ユニバースのパラメータ] を終了します。
  9. ファイル->エクスポートを実行して、 [ユニバースのエクスポート] で[OK]ボタンをクリックします。

    033080031_07.jpg

Attachments

    Outcomes