caf setserveraddress コマンド について

Document created by Yasuyuki_Miura Employee on Jun 15, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:      JTEC001184

製品名:        CA Client Automation

バージョン:    12.8, 12.9

OS:            Windows, UNIX, Linux

 

caf setserveraddress コマンドはエージェントの接続先スケーラビリティ サーバの変更を行います。
以前のリリースまでは、このコマンドは対象エージェントのコンピュータから実行する必要がありましたが、
CA Client Automation r12.8以降は、リモートでの実行が可能となりました。

 

構文:

caf setserveraddress <新しいスケーラビリティ サーバ> host <対象エージェント> user <対象エージェントの管理者ユーザ> password <対象エージェントの管理者ユーザのパスワード>

例:

caf setserveraddress S_server1 host Agt_1 user administrator password admin001

 

コマンドを実行すると、ドメイン マネージャに対するエージェントの再登録処理も自動的に行いますので、エージェントの再起動は不要です。
尚、更新内容が反映されるまでに、数分程度の時間が掛かることがあります。

Attachments

    Outcomes