CA Endevorファイルは、どのようにバックアップを行うべきですか?

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Jun 16, 2015Last modified by Kenji_Tsuda Employee on Jun 16, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC001031

製品名:CA Endevor

バージョン:ALL

OS:z/OS

 

Question

CA Endevorファイルは、どのようにバックアップを行うべきですか?

 

Answer

週次と日次でバックアップを行うことを推奨させていただきます。以下は、推奨されるバックアップのプロセスです。

 

1. DFDSSによる週次(土曜日か日曜日)のバックアップを実行してください。

   (PACKAGE FILE、MCF、ELEMENT CATALOG、ACMROOT、ACMXREF、BASE/DELTA、etc...)


   注: バックアップ処理以外のファイルアクセスを避けるため、DISP=OLDで実行してください。



2. DFDSSによるバックアップが正常に終了した後、'CHECKPOINT ONLY'のパラメータを使用したCA EndevorのFULL UNLOADを実行してください。

   これは、通常のFULL UNLOADではなく、CHECKPOINT情報(バックアップのタイムスタンプ)のみを更新し、UNLOADを実行しません。DFDSSのバックアップがあれば、その時点までは復元することが出来ます。

   また、大量にエレメントを保持している環境のUNLOAD処理は、非常に多くの処理時間を要するため、DFDSSで対応いただくことを推奨させていただきます。

 

   UNLOADのサンプルJCLは、導入時に作成された'Prefix.JCLLIB'に'BC1JUNLD'として格納されています。以下は、'CHECKPOINT ONLY'のサンプルです。

 

//         JOB

//BC1JUNLD EXEC PGM=NDVRC1,REGION=4096K,PARM='C1BM5000'

//STEPLIB  DD DISP=SHR,DSN=Prefix.U.AUTHLIB

//         DD DISP=SHR,DSN=Prefix.AUTHLIB

//CONLIB   DD DISP=SHR,DSN=Prefix.CONLIB

//BSTIPT01 DD *

UNLOAD FULL

FROM ENV env

      SYS *

CHECKPOINT ONLY.

//UNLODNN  DD DSN=Prefix.full.UNLOAD,

//            UNIT=SYSDA,VOL=SER=WORK01,

//            SPACE=(CYLK,(10,10)),

//            DISP=(NEW,CATLG,DELETE),

//            DCB=(LRECL=4200,BLKSIZE=0,RECFM=VB)

//C1SCL1   DD DSN=Prefix.SCL,

//            UNIT=SYSDA,VOL=SER=WORK01,

//            SPACE=(TRK,(5,1)),

//            DISP=(NEW,CATLG,DELETE),

//            DCB=(LRECL=80,BLKSIZE=6160,RECFM=FB)

//SYMDUMP  DD DUMMY

//SYSUDUMP DD SYSOUT=*

//C1MSGS1  DD SYSOUT=*                    DETAIL REPORT

//C1MSGS2  DD SYSOUT=*                    SUMMARY REPORT

 

   UNLOADユーティリティに関しましては、Utilities GuideのChapter 12.Unload/Reload/Validateをご参照ください。

 

   注: UNLOAD処理(INCREMENTAL、FULL)は、システムレベルでENQを使用し、実行中はCA Endevorシステムのアップデートを防ぎます。



3. FULL UNLOADのCHECKPOINT ONLYが正常終了した後、日次のINCREMENTAL UNLOADを実行してください。

   これは、CA Endevorの各ENVIRONMENTのために実行されることを推奨させていただきます。以下は、INCREMENTAL UNLOADのサンプルSCLです。

 

//BSTIPT01 DD *

UNLOAD INCREMENTAL

TO DDNAME dddddddd

  FROM ENV env

      SYS *   .

 

   このプロセスによって、CA Endevor環境に何か問題が発生しても、それを復元することができるバックアップを保持することが出来ます。

   また、アクシデントによって何かが削除された場合、UNLOADデータからTRANSFERによってリカバリーを行うことも可能です。

 

   容易なバックアップとリカバリーのためにUNLOAD/RELOADの実行を推奨させていただきます。

Attachments

    Outcomes