ユーザのすべてのスコアボードを削除する方法

Document created by Kaori_K Employee on Jun 16, 2015Last modified by Kaori_K Employee on Jun 16, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC000347
製品名Service Desk Manager
バージョン12.7
OSWindows

 


 

◆ Description

 

この文書では、ユーザのスコアボードが正しく動作しない場合、どのようにスコアボードをリセットするか説明しています。

 

◆ Solution

 

エンドユーザに割り当てられたスコアボードは、Service Deskのデータベースで内部的に保持されており、割り当てられたスコアボードの設定を元に戻す方法はありません。

スコアボードの破損や、スコアボードが使用不可能な状態に陥った場合に行える対処方法には、以下の方法があります。

 

- データベースから特定のユーザに設定された全てのスコアボードを完全に削除する。
スコアボードの削除後にエンドユーザが再ログインすると、初めてService Deskにログインしたときと同じような、そのユーザに指定されたアクセスタイプのデフォルトのスコアボードが表示されます。

 

- データベースのバックアップより、特定のテーブルを復元する。
この方法の欠点は、最後にバックアップを取得して以降、他のエンドユーザに行ったスコアボードの変更が元に戻ってしまうことです。

 

ユーザに設定されたスコアボードを削除するには、以下の操作を行ってください。

 

1. Service Deskプライマリサーバにログインします。

 

2. コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。

      pdm_extract -f "Select id from ca_contact where userid = 'XXXX'" ※ 'XXXX' を問題があるユーザのuseridで置き換えてください。

このコマンドにより、以下のような結果が出力されます。

      TABLE ca_contact id { "818E24BF602FC342B55622AEA7E6479F" } ca_contact rows:1 

上記のアルファベットと数値で表された長い文字列の値は、指定したユーザのUUIDです。(環境により値は異なります。)
この値は後程使用しますので、すぐに使えるよう保存しておいてください。

 

3. 次の手順はスコアボードテーブル "User_Query" 全体をバックアップすることです。
これを行うには、以下のコマンドを実行してください。

      pdm_extract User_Query > usq-backup.dat

 

4. 次に以下のコマンドを実行し、問題のユーザのスコアボードのみ取得してください。
このクエリを実行するために、2で確認したUUIDの値が必要となります。
UUIDを指定したコマンドは、

      pdm_extract -f "Select * from User_Query where obj_persid = 'cnt:818E24BF602FC342B55622AEA7E6479F'" > user-del.dat

 

5. 最後に、作成されたuser-del.datの内容をService Deskのデータベースから削除するために、
以下のコマンドを実行してください。

      pdm_load -r -f user-del.dat

 


このドキュメントはCA Support Onlineに掲載されているナレッジベース TEC614946 を翻訳し加筆したものです。

Title: Removing an entire scoreboard for a user

Attachments

    Outcomes