スケジュール設定されたCA Business Intelligence (CABI) の Web Intelligence ドキュメント (WEBI)レポートの作成が、「出力先DLLが無効です []: [CrystalEnterprise.DiskUnmanaged]」 のエラーで失敗する。

Document created by Kaori_K Employee on Jun 16, 2015Last modified by shunsuke_katakura on Mar 30, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC000353
製品名Service Desk Manager
バージョン12.6, 12.7, 12.9
OSWindows

 


 

◆ Description

 

スケジュール設定により作成されたWEBIレポートは、ローカルフォルダに保存できます。 (「ファイルの場所」 を選択し、フォルダ/ファイルパスを指定します。)
しかし、スケジュール設定で指定しているユーザに対し、レポートの保存先であるフォルダの読み取り/書き込みのアクセス権を付与しているにも関わらず、以下のエラーメッセージが表示され、レポート作成に失敗することがあります。

出力先DLLが無効です。 []: [CrystalEnterprise.DiskUnmanaged]

 

図1. レポート履歴に表示されるエラーメッセージ

 

001.jpg

 

◆ Solution

 

Adaptive Job Serverの出力先として、「ファイルシステム」 が追加されていない場合、スケジュールレポートはローカルフォルダにレポートを作成しようとすると、上記のエラーメッセージが表示され失敗します。

この問題を解決するには、以下の手順でAdaptive Job Serverの出力先に 「ファイルシステム」 を追加し、適切なフォルダパスを指定してください。

 

1. CABI セントラル管理コンソール (CMC) を開き、CABI管理者アカウントでログインします。

 

2. 「サーバー」 を選択し、(Host名).AdaptiveJobServer をダブルクリックします。
002.jpg

 

3.画面の左側より、「出力先」 を選択します。

 

4. 「出力先」プルダウンリストより、”ファイルシステム“ を選択し、<追加> ボタンをクリックします。
003.jpg

 

5. <保存して閉じる> ボタンをクリックします。

 


このドキュメントはCA Support Onlineに掲載されているナレッジベース TEC607892 を翻訳し加筆したものです。

Title: Scheduled CA Business Intelligence (CABI) Web Intelligence (WEBI) reports give an error "destination DLL disabled. []: [CrystalEnterprise.DiskUnmanaged].

Attachments

    Outcomes