アクション・レコードとセキュリティ・レコードをSMFに記録するためにはどのような設定が必要ですか?

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Jun 16, 2015Last modified by Kenji_Tsuda Employee on Jun 25, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC001035

製品名:CA Endevor

バージョン:ALL

OS:z/OS

 

Question

アクション・レコードとセキュリティ・レコードをSMFに記録するためにはどのような設定が必要ですか?

 

Answer

SMFへデータを書き込むためには、C1DEFLTSの以下のパラメータを設定する必要があります。設定後、再アセンブル/リンクを行い、LLAのリフレッシュや再LOGONにて反映させてください。


1. SMFREC#=nnn    書き込みを行うSMFレコードのタイプ(番号)を指定します。

                  注:システム管理者に未使用のタイプを確認してください。

2. SMFACT=y/n     アクション・レコードを記録するか否かを指定します。

3. SMFSEC=y/n     セキュリティ・レコードを記録するか否かを指定します。

 

記録されたSMFデータは、以下のJCLで抽出することが可能です。

 

//STEP01  EXEC PGM=IFASMFDP

//INDD1    DD DSN=SYS1.MANn,DISP=SHR

//OUTDD1   DD DSN=Prefix.endbas.smfdata,DISP=(,CATLG,DELETE),

//            VOL=SER=work01,UNIT=SYSDA,SPACE=(CYL,(2,2)),

//            DCB=(RECFM=VBS,LRECL=32760,BLKSIZE=4096)

//SYSPRINT DD SYSOUT=*

//SYSIN    DD *

    INDD(INDD1,OPTIONS(DUMP))

    OUTDD(OUTDD1,TYPE(nnn))    <<= SMFタイプ

    DATE(yyyyddd,yyyyddd)      <<= START/END日付

    SID(xxxx)                  <<= システムID

/*

//

 

抽出されたデータをCA Endevorレポート処理の入力データすることで

SMFレポート(CONRPT4n)を出力することが可能です。

Attachments

    Outcomes