CA 1には、APECと言う機能がありますが、どのようなものですか?

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 16, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000650

 

製品名:CA 1 Tape Management

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question


CA 1には、APECと言う機能がありますが、どのようなものですか?定義方法等を教えてください。



Answer


APECはAutomatic Pointers Error Correctionの略で、CTS(Common Tape System)のサブタスクとして動作します。主な機能としてはTMC内のチェーンエラーを自動的に検出し修します。CA 1のバッチユーティリティTMSPTRSよりエラー発生時に出力される以下のエラーを訂正します。


ERR24, ERR37, ERR41, ERR42, ERR43, ERR44, ERR51, ERR55, ERR78, ERR79 ERR67.


定義方法:

APEC機能を利用する場合には、CTSと言うアドレス空間をCA1稼働中に常駐タスクとして稼働させる必要があります。

そして指定したパラメータの内容に従い、自動的にチェーンエラーのチェックを動作させます。


1. CA1.PPOPTION(CTSSTART)の修正


修正例)

000001  /* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * */

000002  /*      CA-COMMON TAPE SYSTEM STARTUP COMMANDS           */

000003  /*      CA-1   STARTUP PARAMETERS                        */

000004  /* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * */

000005     SET   LOG                  /* MAINTAIN A LOG OF MESSAGES        */

000006     SET NOSNAP                 /* DO NOT LOG DIAGNOSTICS            */

000007     SET NOWTOR                 /* NO OUTSTANDING WTOR               */

000008     SET TASK(APEC) PGM(TMSAPEC)

000009     SET TASK(APEC) PARM(STIME=0100,ETIME=0330,UPDATE,TRUN=1)

000012     START APEC                 /* AUTOMATIC POINTERS ERROR CORRECT  */



STIME : APECのスキャン処理の開始時刻(デフォルト09:00)

ETIME : APECのスキャン処理の終了時刻(デフォルト17:00)

TRUN : STIMEとETIMEの時間内にスキャンする回数(デフォルト1)

UPDATE : エラーが発見された時に自動的にTMCを更新する(デフォルト)

NOUPDATEを指定した場合には、自動更新されません。(※)

DELAY : スキャン処理の時間を設定(デフォルト002)


2. CA1.CAIPROC(CTS)の修正

お客様のシステム環境に合せて、当該プロシジャーの内容を修正してください。


※NOUPDATEオプションを指定した時には、CTSのプロシジャー内のDD文の”*”を外す必要があります。

このDD文は、エラーがあった場合に、手動更新を行うための更新ユーティリティの制御カードの出力先となります。


//*TMSUPDTE DD DSN=TMSUPDTE.CONTROL.STATEMENTS(+1),        (OPTIONAL)

//*        DISP=(NEW,CATLG,DELETE),SPACE=(CYL,(5,5),RLSE), (OPTIONAL)

//*        DCB=BLKSIZE=N*80,UNIT=&WRKUNIT                (OPTIONAL)

//*TMSUDSNB DD DSN=TMSUDSNB.CONTROL.STATEMENTS(+1),        (OPTIONAL)

//*        DISP=(NEW,CATLG,DELETE),SPACE=(CYL,(5,5),RLSE), (OPTIONAL)

//*        DCB=BLKSIZE=N*80,UNIT=&WRKUNIT                (OPTIONAL)

//*TMSAGGR DD DSN=TMSAGGR.CONTROL.STATEMENTS(+1),         (OPTIONAL)

//*       DISP=(NEW,CATLG,DELETE),SPACE=(CYL,(5,5),RLSE), (OPTIONAL)

//*       DCB=BLKSIZE=N*80,UNIT=&WRKUNIT                 (OPTIONAL)


3. CTSタスクの起動方法


S CTS


4. CTSタスクの停止方法


P CTS


カスタマイズの詳細に関しては、『CA 1 R11.5 Administrator and Operator Guide』の10.5 CA 1 Automatic Pointers Error Correction』をご覧ください。

また、r12.x以上のリリースをお使いのお客様は、PPOPTIONはCTAPOPTN、CAIPROCはCTAPPROCに、それぞれ読み替えてください。

Attachments

    Outcomes