CA 1の起動プロシジャであるTMSINITをPARM=NODATEで実行した時に、どのような動作になりますか?

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 16, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000651

 

製品名:CA 1 Tape Management

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question


CA 1の起動プロシジャであるTMSINITをPARM=NODATEで実行した時に、どのような動作になりますか?



Answer


TMSINITをPARM=NODATEで実行すると、通常TMSINITにより発行されるIEFTMS0など全てのWTORが抑止されます。

そしてCA 1は自動的に起動され、現在のシステム日付がそのまま使用されます。

CA OPS/MVSやNETVIEWなどの自動コンソールマネージャーを利用してCA 1を起動している場合には、PARM=NODATEを指定することをお勧めします。


注意点:

・CA 1のモードをバッチアクティブ Aインアクティブに変更する場合には、PARM=NODATEを取り除く必要があります。

 このようにすることで、WTORが発行されますので、CA 1のモード変更が可能となります。

・システムテストなどで意図的にマシン日付を変更している場合にも、PARM=NODATEを指定するべきではありません。

 日付が正しくない状態でCA 1が稼働している場合にはTMSCLEANなどが実行された場合に、本来設定されている満了期限が早まり結果データを喪失する可能性もあります。


Attachments

    Outcomes