MCFとエレメント・カタログの同期をチェックする方法がありますか?

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Jun 16, 2015Last modified by Kenji_Tsuda Employee on Jun 16, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC001039

製品名:CA Endevor

バージョン:ALL

OS:z/OS

 

Question

MCFとエレメント・カタログの同期をチェックする方法がありますか?

 

Answer

CA Endevorのカタログ同期ユーティリティ(BC1PCSYN)を使用すると、エレメント・カタログと関連するMCFファイル間の同期チェックや、エレメント・カタログを更新し差分を修正することができます。

 

このユーティリティには、検証モード(Validate)と更新モード(Update)という2つのモードがあります。

検証モードでは、単にカタログとMCFファイルの間の相違報告だけを行います。

更新モードでは、エレメント・カタログを更新することにより、エレメント・カタログと関連するMCFファイルの間の違いを実際に修正します。

更新モードでは、2つのフェーズにおいて、エレメント・カタログとMCFエレメント・レコードが同期されます。

 

最初のフェーズでは、MCFレコードをカタログと照合して確認します。カタログに存在しないMCFレコードについて、カタログ・セグメントが作成されます。カタログ・セグメントは、関連付けられたカタログ・データに違いが検出された場合に、MCFエレメント・データを使用して更新されます。

2番目のフェーズでは、MCFに対するカタログの検証が行われ、使用できないセグメントはカタログから削除されます。MCFエレメント・レコードがないすべてのセグメントはカタログから削除されます。

 

検証モードでも同様に、2つのフェーズでのチェックが行われますが、カタログは修正されません。単に実行ログに相違が報告されるだけです。

モードを選択するには、JCLの実行ステートメントで PARM=パラメータを使用します。

 

     検証モード:PARM='BC1PCSYNVALIDATE'

     更新モード:PARM='BC1PCSYNUPDATE'

 

両方のフェーズにおいて、処理は環境ごとに行われます。ユーティリティが処理する環境を指定することができます。また、デフォルトで、C1DEFLTSテーブルでに定義されているすべての環境を選択することもできます。

詳細は、Administration GuideのAppendix B: Using Catalog Utilities、The Catalog Synchronization Utilityにも記載されていますのでご確認ください。

 

重要:このユーティリティは、カタログ・ファイルを最初にロードするときには使用しないでください。カタログ・ファイルのロードには、ジョブBC1JXCNVを使用してください。

 

JCLのサンプル

R12.0:Prefix.JCLLIB(BC1JCSYN)

R14.0:Prefix.CSIQJCL(BC1JCSYN)

 

//* (COPY JOBCARD)

//*********************************************************************

//*    BC1PCSYN - CATALOG SYNCHROIZATION UTILITY                      *

//*                                                                   *

//* THE FOLLOWING CHANGES MUST BE MADE BEFORE THIS JOB CAN BE RUN:    *

//*                                                                   *

//*   1. ADJUST THE PARM STATEMENT ON THE EXECUTE STATEMENT TO        *

//*      EITHER VALIDATE OR UPDATE.                                   *

//*           PARM='BC1PCSYNUPDATE'        -OR-                       *

//*           PARM='BC1PCSYNVALIDATE'                                 *

//*                                                                   *

//*   NOTE: STEP IS CURRENTLY SET TO VALIDATE.                        *

//*********************************************************************

//STEP1    EXEC PGM=NDVRC1,REGION=4096K,PARM='BC1PCSYNVALIDATE'

//STEPLIB  DD DISP=SHR,DSN=Prefix.U.AUTHLIB

//         DD DISP=SHR,DSN=Prefix.AUTHLIB

//CONLIB   DD DISP=SHR,DSN=Prefix.CONLIB

//BSTLST   DD SYSOUT=*

//SORTIN   DD UNIT=VIO,SPACE=(CYL,(10,5)),DISP=(,DELETE,DELETE),

//            DCB=(RECFM=FB,LRECL=403,DSORG=PS)

//SORTOUT  DD UNIT=VIO,SPACE=(CYL,(10,5)),DISP=(,DELETE,DELETE),

//            DCB=(RECFM=FB,LRECL=403,DSORG=PS)

//SYSOUT   DD SYSOUT=*

//SYSUDUMP DD SYSOUT=*

//*********************************************************************

//* FOR SINGLE ENVIRONMENT, INPUT TO BSTIPT CAN BE:                   *

//*   ENVIRONMENT ENV1 .                                              *

//*                                                                   *

//* FOR MULTIPLE ENVIRONMENTS, INPUT TO BSTIPT CAN BE:                *

//*   ENVIRONMENT  (ENV1, ENV2).                                      *

//*                                                                   *

//* IF BSTIPT IS DUMMY (OR EMPTY), ALL DEFINED ENVIRONMENTS WILL BE   *

//* SELECTED.                                                         *

//*********************************************************************

//BSTIPT   DD *

  ENVIRONMENT env-name1.

/*

//

 

ユーティリティの処理対象とする環境を選択するには、BSTIPT DDステートメントを編集します。DDステートメントを省略するか、空のファイル(入力構文なし)を指定すると、C1DEFLTSテーブルのすべての環境が選択されます。

BSTIPTファイルは、80文字の固定長レコード・ファイルです。 構文は、CA EndevorのSCLステートメントと同じ解析ルールに従います。

 

単一の環境を選択するには、以下を指定します。

     ENVIRONMENT env-name1.

 

1行で複数の環境を選択するには、以下を指定します。

     ENVIRONMENT (env-name1, env-name2, env-name3).

 

複数の行で複数の環境を選択するには、以下を指定します。

     ENVIRONMENT (env-name1, env-name2, env-name3,env-name4, env-name5).

 

実行結果のサンプル

                       Endevor MCF Catalog Synchronization UTILITY LOG

 

   ENVIRONMENT ENV1 .

 

SYN0000I  BEGINNING PHASE 1.

 

SYN0002I ENVIRONMENT ENV1 MCF ELEMENT TO CATALOG SYNCRONIZATION STARTING

 

*MISSING* CTLG SGMT: ELEMENT EJZZBLONGNAME02

              TYPE JDOHFS AT ENV ENV1 SID 1 SYS SYST100 SBS SBS100

*MISSING* CTLG SGMT: ELEMENT JBEANlongld5VERYLONGNAMEverylongnameVERYLONGNAMEverylongnameLAROSE

*MISSING* CTLG SGMT: ELEMENT EJudylarose01

              TYPE JDOHFS AT ENV ENV1 SID 1 SYS SYST100 SBS SBS100

*OLD * CTLG SGMT: ELEMENT EJudylarose02

              TYPE JDOHFS AT ENV ENV1 SID 1 SYS SYST100 SBS SBS100

*OLD * CTLG SGMT: ELEMENT IA6PGM

              TYPE ASMPGM AT ENV ENV1 SID 1 SYS SYST100 SBS SBS100

*OLD * CTLG SGMT: ELEMENT OLENIC01

              TYPE JDOHFS AT ENV ENV1 SID 2 SYS SYST100 SBS SBS100

 

SYN0003I TOTAL # OF MISSING CTLG SGMTS FROM ENVIRON ENV1 : 3

SYN0004I TOTAL # OF OLD CTLG SGMTS FOUND IN ENVIRON ENV1 : 3

SYN0005I TOTAL # OF ELEMENTS PROCESSED FROM ENVIRON ENV1 : 102

 

SYN0002I ENVIRONMENT ENVA MCF ELEMENT TO CATALOG SYNCRONIZATION STARTING

 

*MISSING* CTLG SGMT: ELEMENT TESTJO1

              TYPE JCLI AT ENV ENVA SID 2 SYS SYSTA00 SBS SBSA00

*MISSING* CTLG SGMT: ELEMENT SANELM1

              TYPE JCLI AT ENV ENVA SID 2 SYS SYSTC00 SBS SBSC00

 

SYN0003I TOTAL # OF MISSING CTLG SGMTS FROM ENVIRON ENVA : 2

SYN0004I TOTAL # OF OLD CTLG SGMTS FOUND IN ENVIRON ENVA : 0

SYN0005I TOTAL # OF ELEMENTS PROCESSED FROM ENVIRON ENVA : 5

 

SYN0002I ENVIRONMENT ENVZ MCF ELEMENT TO CATALOG SYNCRONIZATION STARTING

 

SYN0003I TOTAL # OF MISSING CTLG SGMTS FROM ENVIRON ENVZ : 0

SYN0004I TOTAL # OF OLD CTLG SGMTS FOUND IN ENVIRON ENVZ : 0

SYN0005I TOTAL # OF ELEMENTS PROCESSED FROM ENVIRON ENVZ : 1

SYN0011I TOTAL # OF ELEMENTS PROCESSED, ALL ENVIRONMENTS: 108

 

 

SYN0000I BEGINNING PHASE 2

 

SYN0031I ENVIRONMENT ENV1 CATALOG TO MCF ELEMENT SYNCRONIZATION STARTING.

 

*ORPHAN * CTLG SGMT: ELEMENT EJudylarose01

              TYPE JDOHFS AT ENV ENV1 SID 2 SYS SYST100 SBS SBS100

*ORPHAN * CTLG SGMT: ELEMENT EJZZBLONGNAME02

              TYPE JDOHFS AT ENV ENV1 SID 2 SYS SYST100 SBS SBS100

*ORPHAN * CTLG SGMT: ELEMENT JBEANlongld5VERYLONGNAMEverylongnameVERYLONGNAMEverylongnameLAROSE

              TYPE JDOHFS AT ENV ENV1 SID 2 SYS SYST100 SBS SBS100

 

SYN0032I TOTAL # OF ORPHAN CTLG SGMTS IN ENVIRON ENV1 : 3

SYN0033I TOTAL CATALOG SEGMENTS PROCESSED FOR ENVIRON ENV1 : 105

 

SYN0031I ENVIRONMENT ENVA CATALOG TO MCF ELEMENT SYNCRONIZATION STARTING.

 

*ORPHAN * CTLG SGMT: ELEMENT SANELM1

              TYPE JCLI AT ENV ENVA SID 1 SYS SYSTC00 SBS SBSC00

*ORPHAN * CTLG SGMT: ELEMENT TESTJO1

              TYPE JCLI AT ENV ENVA SID 1 SYS SYSTA00 SBS SBSA00

 

SYN0032I TOTAL # OF ORPHAN CTLG SGMTS IN ENVIRON ENVA : 2

SYN0033I TOTAL CATALOG SEGMENTS PROCESSED FOR ENVIRON ENVA : 7

 

SYN0031I ENVIRONMENT ENVZ CATALOG TO MCF ELEMENT SYNCRONIZATION STARTING.

 

SYN0032I TOTAL # OF ORPHAN CTLG SGMTS IN ENVIRON ENVZ : 0

SYN0033I TOTAL CATALOG SEGMENTS PROCESSED FOR ENVIRON ENVZ : 1

SYN0034I TOTAL CATALOG SEGMENTS PROCESSED, ALL ENVIRONMENTS: 113

Attachments

    Outcomes