C1DEFLTSテーブルには、どのようなパラメータがありますか?

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Jun 16, 2015Last modified by Kenji_Tsuda Employee on Jun 24, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC001041

製品名:CA Endevor

バージョン:ALL

OS:z/OS

 

Question

C1DEFLTSテーブルには、どのようなパラメータがありますか?

 

Answer

以下は、C1DEFLTSテーブルの詳細情報です。

 

CA Endevorのデフォルト・テーブルには、サイトにインストールされているCA Endevorオプション、CA Endevor制御データセット名およびCA Endevorの機能で利用可能な設定などのグローバル・システム情報が含まれています。

これらのパラメータはすべてシステムのインストール時に設定されますが、サイトで新しいCA Endevorを購入した場合や、ライブラリ名が変わった場合、システム・インストーラによって入力された情報を変更したい場合に、デフォルト・テーブルの変更が必要になることがあります。

このテーブルは一連のC1DEFLTSマクロで構成され、アセンブルしてリンク・エディットすることで、集合的にデフォルト・テーブルと呼ばれます。デフォルト・テーブルは、許可されたデータセット中に存在する必要があります。

 

C1DEFLTSマクロ

以下の3種類のC1DEFLTSマクロがあります。

     ・TYPE=MAINマクロは、サイト固有の情報を定義します。このマクロは、テーブル・ソース中で最初に指定する必要があります。TYPE=MAINマクロは1つだけ使用できます。

     ・TYPE=ENVRNMNTマクロは、環境情報を定義します。これらのマクロはテーブル中で必要な数だけ使用できますが、構成内の環境ごとに1つ使用する必要があります。TYPE=ENVRNMNTマクロはTYPE=MAINマクロの後で使用します。

     ・TYPE=ENDは、テーブル定義の終わりを示します。最後のTYPE=ENVRNMNTマクロの後に配置します。

 

以下にTYPE=MAINマクロを示します。

----+----1----+----2----+----3----+----4----+----5----+----6----+----7----+----8

         C1DEFLTS TYPE=MAIN, X

               ACCSTBL=,                ACCESS SECURITY TABLE NAME     X

               ACMROOT=,                ACM INDEX ROOT DATA SET NAME   X

               ACMXREF=,                ACM INDEX XREF DATA SET NAME   X

               APRVFLG=N,               APPROVAL PROCESSING (Y/N)      X

               ASCM=N,                  ACM CONTROL OPTION             X

               AUTHTBLS=REQUIRED,       REQUIRED|ALLOW|IGNORE          X

               BATCHID=0,               BATCH UID FROM JOBNAME/USER=   X

               CA7CCINODE=,             CA 7 ADDR SPACE NODE (CAICCI)  X

               CA7JCLID=,               CA 7 JCL DATASET INDEX NUMBER  X

               CA7JCLLIB=,              CA 7 JCL DATASET SYMBOIC INDEX X

               CA7JCLDSN=,              CA7JCLID/CA7JCLLIB DSNAME      X

               CIPODSN=,                CCID VALIDATION DATASET NAME   X

               CNFGTBL=ENDICNFG,        CONFIGURATION TABLE NAME       X

               COMPLISTWD=LIST,         COMPONENT LISTING STRING ID    X

               CUNAME='*** PUT YOUR COMPANY NAME HERE ***',  (50 CHAR) X

               DB2=N,                   DB2 CONTROL OPTION             X

               DESTCFGMBR=,             PARMLIB DEST CONFIG MEMBER     X

               EDITELM=N,               EDIT ELEMENT DIALOG OPTION     X

               ELMCATL='UPRFX.UQUAL.ELMCATL',     E/MVS CATALOG        X

               ELMCATE='UPRFX.UQUAL.ELMCATE',     E/MVS CATALOG EINDEX X

               ESMTPTBL=ESMTPTBL,       ENDEVOR SMTP TABLE NAME        X

               ESSI=N,                  ESI CONTROL OPTION             X

               EXITTBL=C1UEXITS,        EXIT TABLE NAME                X

               INFO=N,                  INFO/MAN CONTROL OPTION        X

               JRNLGRP=,                PITR JOURNAL GROUP ID          X

               LIBENV=,                 LIBRARIAN (LB), PANVALET (PV)  X

               LIBENVP=N,               LIBRARIAN/PANVALET OPTION      X

               LIBRPGM=,                LIBRARIAN BATCH PROGRAM NAME   X

               LINESPP=60,              LINES PER PAGE                 X

               MACDSN='iprfx.iqual.CSIQOPTN',     E/MVS SOURCE LIBRARY X

               MIXEDFMT=,               ALL|(CCID,COMMENT,DESCRIPTION) X

               MODHLI=,                 HLQ FOR TEMPORARY DATA SETS )  X

               NMAN=N,                  CA Netman INTERFACE OPTION     X

               OPTTBL=ENCOPTBL,         OPTIONS TABLE NAME             X

               PARMLIB=,                ENDEVOR PARMLIB DATA SET NAME  X

               PDM=N,                   PDM CONTROL OPTION             X

               PKGDSN='UPRFX.PACKAGE.MASTER',     PACKAGE DATASET      X

               PKGTSO=N,                FOREGROUND PACKAGE EXEC (Y/N)  X

               PKGCSEC=N                PKG CAST SECURITY CHECKING     X

               PKGISEC=N                PKG INSPECT SECURITY CHECKING  X

               PKGCVAL=O,               PKG COMPONENT VALIDATION Y/N/O X

               PKGSEC=APPROVER,         APPROVER/ESI/MIGRATE           X

               PRBLKSZ=0,               BLKSZE PROC LISTING            X

               PRLNKSZ=(896K,96K),      LINKAGE SIZE FOR PROCS         X

               PRLSTSZ=10,              SIZE ALLOC FOR PROCS LISTINGS  X

               PROC=N,                  PROCESSOR OPTION               X

               RACFUID=,                ALTERNATE ID USERID            X

               RJCLROOT=,               SHIP REMOTE JCL MODEL MBR ROOT X

               SITEID=0,                ENDEVOR/MVS SITE IDENTIFIER    X

               SMFREC#=0,               SMF RECORD NUMBER              X

               SOFETCH=N,               SIGNOUT UPON FETCH (Y/N)       X

               SPFEDIT=SPFEDIT,         DEFAULT PDS RESERVE            X

               SPAWN=N,                 CONCURRENT ACTION PROCESSING   X

               SPAWNCNT=,               SPAWN COUNT                    X

               SPAWNMAX=,               SPAWN MAXIMUM                  X

               SPAWNPROC=,              SPAWN PROCESSOR NAME           X

               SYMBOLTBL=,              SITE-DEFINED SYMBOL TBL NAME   X

               SYNC@CHK=,               REGRESSION ALERT NOTIFY (Y/N)  X

               SYNC@MSV=,               SEVERITY ALERT LVL (I/W/C)     X

               SYSIEWL=SYSIEWLP,        DEFAULT PDS/LINK EDIT RESERVE  X

               TYPESEQMBR=,             ENDEVOR TYPE SEQ MBR           X

               UIDLOC=(1,7),            UID/JOBNAME START/LENGTH POS   X

               VIOUNIT=TDISK,           UNIT FOR VIO-ELIGIBLE ALLOC    X

               WRKUNIT=TDISK,           UNIT NAME FOR WORK SPACE       X

               WORKVOL=                 VOL SER NUMBER FOR WRKUNIT

 

以下の情報は、各TYPE=MAINパラメータを定義しています。

 

ACCSTBL

ユーザ・サイトで使用されるアクセス・セキュリティ・テーブルの8文字の名前。有効な名前を入力する必要があります。

ユーザがネイティブ・セキュリティを使用していて、フィールドを空白のままにした場合、セキュリティ・チェックは実行されません。

ユーザがESIの機能を使用していて、このフィールドを空白のままにした場合、アクセス・セキュリティ・テーブル名はデフォルトでBC1TNEQUになります。

 

ACMROOT

CA Endevorの各エレメント名とそのすべての関連コンポーネントを保存するためにサイトで使用する、VSAMファイルのデータセット名。 推奨される名前はuprfx.uqual.ACMROOTです。

ユーザのサイトにACMオプションの使用がライセンスされていて、C1DEFLTSで「ASCM=Y」が設定されている場合、このデータセットが必要です。

注:詳細については、「Automated Configuration Option Guide」を参照してください。

 

ACMXREF

各コンポーネント関係の名前の格納に使用する、VSAMファイルのデータセット名。推奨される名前はuprfx.uqual.ACMXREFです。

ユーザのサイトにACMオプションの使用がライセンスされていて、C1DEFLTSで「ASCM=Y」が設定されている場合、このデータセットが必要です。

注:詳細については、「Automated Configuration Option Guide」を参照してください。

 

APRVFLG

承認処理が必要かどうかを示します。承認処理が必要な場合は、このパラメータを「Y」に設定します。

このパラメータを「N」に設定すると、どの承認者グループ関係が定義されても、承認プロセスはアクティブになりません。

 

ASCM

CA EndevorのAutomated Configuration Manager(ACM)がサイトで有効になっているかどうかを示します。サイトでACMを使用している場合は「Y」を、そうでない場合は「N」を指定します。

注:詳細については、「Automated Configuration Option Guide」を参照してください。

 

AUTHTBLS

CA Endevorのセキュリティ・テーブルを許可ライブラリからロードする必要があるかどうかを示します。以下の値があります。

     REQUIRED

     (デフォルト)許可ライブラリが必要です。

     ALLOW

     無許可のライブラリを使用できますが、CA Endevorはライブラリの許可をチェックしません。

     IGNORE

     CA Endevorはライブラリの許可を確認しません。

 

BATCHID(必須エントリ)

バッチジョブに関連付けられているCA EndevorのユーザIDは、サブミットした人のユーザID、ジョブカード・ユーザIDに指定したUSER=パラメータによって決定されます。次のいずれかの値を指定する必要があります。

     0

     JOBNAMEで決まります(これは現在のデフォルト値であり、将来のリリースのデフォルトは2になります)。

     1

     USER=パラメータで決まります。USER=パラメータが存在しない場合はサブミットした人のユーザIDとなります。

     2

     USER=パラメータが指定されていればそれ(または上記のようにサブミットした人)によって決まります。指定されていなければJOBNAMEで決まります。

 

CA7CCIDNODE

CA 7 Workload Automationアドレス空間が実行される、CAICCI(CA Common Services Common Communications Interface)ノード名を指定します。名前が指定されない場合、ローカル・モードと見なされます。

 

CA7JCLID

CA 7 Workload Automationでジョブの実行をスケジュールするために必要なCA 7 Workload Automationパラメータ情報をCA Endevorに対して指定します。パラメータ値はCA 7 Workload Automation実装から取得される必要があります。

CA7JCLLIBと同時に指定することはできません。

 

CA7JCLLIB

CA 7 Workload Automationでジョブの実行をスケジュールするために必要なCA 7 Workload Automationパラメータ情報をCA Endevorに対して指定します。パラメータ値はCA 7 Workload Automation実装から取得される必要があります。

CA7JCLIDと同時に指定することはできません。

 

CA7JCLDSN

CA7JCLIDまたはCA7JCLLIBに関連付けられているデータセット名。

 

CIPODSN

有効なCCID値を格納するためにユーザのサイトで使用するシーケンシャル・ファイルのデータセット名。推奨される名前はuprfx.uqual.VALCCIDです。CCID検証機能を使用する場合は、このデータセットが必要です。

 

CNFGTBL

設定テーブルの名前を指定します。デフォルトでは、CA EndevorはENDICNFGを名前として使用します。

 

COMPLISTWD=LIST

リスト・ライブラリを識別するための文字列値を指定します。オプション節COMPONENT LIST TEXT STRINGを使用して、SCLステートメントPRINT ELEMENT上のこの値をオーバーライドできます。リクエスト・フィールドALPRE_RQ_LISTSTRを使用して、API PRINT ELEMENTリクエスト上のこの値をオーバーライドできます。

 

CUNAME(必須エントリ)

ユーザのサイトを記述する50文字以内の名前。この名前はレポート見出しで使用されます。

 

DB2

CA Endevor DB2アプリケーションをサイトで有効にするかどうかを示します。サイトでCA Endevor DB2を使用している場合は「Y」を、そうでない場合は「N」を指定します。

 

DESTCFGMBR

PARMLIBの配布先設定メンバのメンバ名を指定します。このメンバは、スクリプト・ファイルの配布先ごとに一意のシンボルを定義するために、配布後スクリプト機能によって使用されます。

 

EDITELM

CA EndevorのQuick Editオプションをサイトで有効にするかどうかを指定します。サイトでこの機能を使用する場合は「Y」を指定します。そうでない場合は「N」を入力します。

注:Quick Edit Option User Guide」を参照してください。

 

ELMCATL

エレメント・カタログVSAMファイルの1~44文字までのデータセット名。エレメント・カタログは長いエレメント名をサポートし、I/O操作のボリュームを削減して、パフォーマンスの向上に貢献します。

 

ELMCATE

エレメント・カタログEINDEX VSAMファイルの名前。空白のままになっている場合、名前はデフォルトで、「.EINDEX」というサフィックスが付いた、ELMCATLに対して指定されている名前になります。

 

ESMTPTBL

SMTPテーブルの名前を指定します。デフォルトでは、CA EndevorはESMTPTBLを名前として使用します。

 

ESSI

ユーザ・サイトでESI機能を有効にするかどうかを示します。サイトでESIを使用する場合は「Y」を指定します。そうでない場合は「N」を入力します。

重要:セキュリティ・ルールがすべて書き込まれ、有効になるまで、このオプションをアクティブにしないでください。詳細については、「Security Guide」を参照してください。

 

EXITTBL

EXITテーブルの名前を指定します。デフォルトでは、CA EndevorはC1UEXITSを名前として使用します。

 

INFO

CA Endevor InfoManインターフェースをサイトで有効にするかどうかを示します。サイトでこのインターフェースを使用する場合は「Y」を指定します。そうでない場合は「N」を入力します。InfoManインターフェースのインストールが完了するまで、このオプションをアクティブにしないでください。

注:詳細については、「Interface for InfoMan Administration Guide」を参照してください。

 

JRNLGRP

このマクロで指定されているパッケージ・データセットをCA L-Servジャーナル・ファイルの特定のセットに関連付ける、CA L-Servジャーナル・グループIDを指定します。パッケージ制御ファイルでジャーナルを有効にし、Point-in-Time Recovery(PITR)機能に必要です。

     形式:(groupID,nnnn)。

     groupID

     パッケージ・ジャーナル・ファイルに関連付けられた、1から8文字までのPoint-In-Time Recoveryジャーナル・グループID。

     nnnn

     1~4文字までのCA L-Servジャーナル・グループ・サブシステムID。

注:詳細については、「Utilities Guide」で「Using the Point in Time Recovery Feature」の章を参照してください。

 

LIBENV

このパラメータには、C1DEFLTSのLIBENVPパラメータに応じて2つの用途があります。

     ・LIBENVP=Yの場合

          - LIBENV=PVは、CA Panvaletがインストールされていることを示します。

          - LIBENV=LBは、CA Librarianがインストールされていることを示します。

     ・LIBENVP=N(デフォルト)の場合、CONWRITEおよび(または)Expand Include Utilityで、インクルード・メンバ構文が以下のように使用されます。

          - LIBENV=PVは、CA Panvaletのインクルード メンバ構文(++INCLUDE)またはCOBOL COPYステートメントに対してチェックが行われることを示し、

          - LIBENV=LBは、CA Librarianのメンバ取り込み構文(-INC)またはCOBOL COPYステートメントに対してチェックが行われることを示します。

          - LIBENV=ブランク(デフォルト)の場合、構文チェックまたは展開は行われません 。

 

LIBENVP

サイトでCA LibrarianまたはCA PanvaletをCA Endevorと共に使用するかどうかを示します。サイトでこれらのライブラリ管理アプリケーションを使用する場合は「Y」を指定します。使用しない場合は「N」を指定します。

 

LIBRPGM

LIBENV値がLBである場合にのみ適用可能です。これは、ユーザ・サイトのCA Librarianロード・モジュールの名前です。

 

LINESPP

CA Endevorで生成される出力の、印刷ページごとの行数。デフォルト値は60です。有効なエントリは1~99です。

 

MACDSN(必須エントリ)

マクロが含まれるライブラリのデータセット名。このライブラリは、CA Endevorインストール手順の実行中に作成されます。推奨される名前はiprfx.iqual.CSIQOPTNです。このデータセットはCA Endevorの多数の機能で使用され、必要とされます。

 

MIXEDFMT

CA EndevorがCCID、COMMENT、DESCRIPTIONフィールドで大文字と小文字の混在を許可するかどうかを指定します。値:

     CCID

     [CCID]フィールドへの大小混在文字の入力を許可します。

     COMMENT

     [COMMENT]フィールドへの大小混在文字の入力を許可します。

     DESCRIPTION

     [DESCRIPTION]フィールドへの大小混在文字の入力を許可します。

     ALL

     3つのフィールドすべてで、大小混在文字の入力を許可します。

     NONE

     大小混在文字の入力を許可しません。

     複数の値は( )で値を囲み、カンマで区切ることで指定できます。たとえば、=(CCID,COMMENT)のように指定します。

 

MODHLI

一時データセットに割り当てられ、擬似一時データセットを作成する、SYSyyddd 以外のプレフィクスを指定します。指定する名前は上位の修飾子であり、出力のためにファイルを割り当て、削除し、開く際に、CA Endevorのすべてのユーザに使用権限があることが必要です。デフォルト・テーブルでMODHLIが指定されていない場合、有効な名前は次のようになります。

 

SYSyyddd.Thhmmss.RA0.jobname.nnnnnn

 

     MODHLIには、以下のような用途があります。

     ・このパラメータは、任意のプロセッサ・ステップにおいてDISP=MODで割り当てられた一時データセットに適用されます。DISP=MODでない、標準的な一時データセットは、標準的なz/OS一時データセット名を使用します。

          modhliプレフィックスは、データセット名の最初のノードとして表示されます。生成される実際の名前は以下のとおりです。

          modhli.Dyyddd.Thhmmss.RA0.jobname.nnnnnn

          modhli

          この値はC1DEFLTSテーブル内のMODHLIパラメータで指定されています。

          Dyyddd

          ユリウス日。

          注:サイト・セキュリティ・パッケージによって、一時データセットがIBMの命名基準に従うことが必要な場合、Dの代わりにSYSが使用され、ノード名はSYSyydddになります。

          Thhmmss

          時間、分、および秒単位の時間。

          RAO

          8バイトのMODHLIおよび6バイトの一時データセット名用にスペースを空けるために、RA000の代わりにRA0が使用されます。

          注:サイト・セキュリティ・パッケージによって、一時データセットがIBMの命名基準に従うことが必要な場合は、有効な名前はSYSyyddd.Thhmmss.RA000.ddnameになります。

          一時データセットの詳細については、オプション機能、ENCOPTBLテーブル内のDS_INTERNAL_TEMPを参照してください。

          jobname

          jobnameと同じ値。

          nnnnnn

          「&&」のない一時データセット名&&nnnnnn。

 

     ・このパラメータは、Eclipse-Based UI、CA CMEW、またはユーザ作成のクライアント・プログラムなどのWebサービスからAPIにアクセスするすべてのクライアント・プログラムにも使用されます。

  

          ・MODLHI値がコード化されている場合、セキュリティ管理者はすべてのユーザIDに、MODHLI高レベル修飾子(HLQ)が設定されているすべてのデータセットへのアクセス権を付与する必要があります。

           この要件は、RACF、CA Top Secret、またはCA ACF2を含む、すべてのセキュリティ製品でのアクセスに適用されます。

           この要件の理由は以下のとおりです。クライアント・プログラムがAPIにアクセスする場合、ユーザIDがSTCプールを生成するためにCAICCI(CA Common Services Common Communications Interfaceに送信されます。

           Webサービスへのリクエストを発行するユーザIDにはこれらのデータセットへの読み取り/書き込みアクセスが必要です。これを有効にするために、MODHLIパラメータは以下の形式でデータセット名を作成します。

           modhli.Dyyddd.Thhmmss.STCnnnnn.ddname

           STCnnnnn

           プレフィックスとしてSTCが付いているジョブID。

           ddname

           APIに関連する9つのファイル(APIMSGS、C1MSGS1など)のいずれかの一意の修飾子。


          ・MODLHI値がコード化されていない場合、セキュリティは影響を受けません。これは、一時データセット名が、オペレーティング・システムによって、SYSyyddd.Thhmmss.RA000.jobname.nnnnnnの

           形式で標準の一時データセットHLQで作成されているためです。

 

          ・サイトでRACF PROTECTALLが有効なRACFを使用している場合は、MODHLIの値を指定する必要があります。RACF PROTECTALLオプションがアクティブになっているRACFで、

           Eclipse-Based UI、CA CMEW、またはその他のクライアント・プログラムを使用している場合、MODHLIがコード化されていないと、セキュリティ違反が発行されます。

           これは、Webサービスに必要な一時ファイルを割り当てるために使用されたIDが、ファイルを開くために使用されたIDとは異なっているために発生します。具体的には、データセットは、

           STCプールを生成するためのCAICCI(CA Common Services Common Communications Interface)リクエストで提供されているユーザIDのコンテキストで割り当てられます。

           オープンおよび書き込みリクエストは、Webサービスからリクエストを発行しているクライアント・プログラムにサインオンしたユーザIDのコンテキストで発行されます。

 

NMAN

CA Endevor CA Netman Interfaceがユーザのサイトで有効かどうかを示します。サイトでこのインターフェースを使用する場合は、「Y」を指定します。そうでない場合は「N」を入力します。

注:詳細については、「CA Netman Interface Administration Guide」を参照してください。

 

OPTTBL

CA Endevorオプション・テーブルの名前を指定します。デフォルトでは、CA EndevorはENCOPTBLを名前として使用します。

 

PARMLIB

Parmlibデータセット名を示します。これにはType Sequenceメンバが含まれるので、Global Type Sequencingオプションを実装するのに必要です。

 

PDM

CA Endevor並行開発(PDM)機能をサイトで有効にするかどうかを示します。サイトでPDMを使用する場合は「Y」を指定します。そうでない場合は「N」を入力します。

注:詳細については、「PDM User Guide」を参照してください。

 

PKGDSN

(パッケージを使用している場合、必須エントリ)パッケージ情報を格納するために、ユーザのサイトが使用するVSAMファイルのデータセット名。このライブラリは、インストール手順の実行中に作成されました。推奨される名前はuprfx.uqual.PACKAGEです。

ユーザ・サイトでいずれかのパッケージ処理機能を使用する場合、このデータセットが必要です。

注:詳細については、「Packages Guide」を参照してください。

パッケージ・データセットの定義および割り当ての両方に、必ず同じデータセット名を使用してください。

 

PKGTSO

フォアグラウンド・パッケージ処理が許可されているかどうかを示します。ユーザのサイトでフォアグラウンド処理が許可されている場合は、このパラメータを「Y」に設定します。それ以外の場合は、このパラメータを「N」に設定します。

プロセッサがパッケージの一部として実行される際に、PKGTSOフラグはプロセッサ・グループ内のフォアグラウンド実行フラグをオーバーライドします。これは、PKGTSO=Yの場合、プロセッサ・グループに対するフォアグラウンド実行フィールドの値に関わらず、パッケージ内のすべてのプロセッサが実行されることを示します。

 

PKGCSEC

パッケージ・キャスト時に、アクションによってセキュリティ・チェックが発生するかどうかを示します。パッケージのキャスト操作の際に、CA Endevorの各アクションをチェックする場合は、このパラメータを「Y」に設定します。

このパラメータを「N」に設定すると、パッケージのキャスト操作の際にアクションのセキュリティ・チェックは実行されません。

 

PKGISEC

パッケージ検査時に、アクションによってセキュリティ・チェックが発生するかどうかを示します。PKGISECを定義する必要はありません。省略した場合、CA Endevorは PKGCSECの値を使用して、検査アクションの際にセキュリティ・チェックを実行するかどうかを決定します。パッケージ検査時に、CA Endevorの各アクションをチェックするには、このパラメータに「Y」を設定します。

このパラメータを「N」に設定すると、パッケージの検査実行にアクションのセキュリティ・チェックは実行されません。

 

PKGCVAL

パッケージのキャスト時にコンポーネントの検証が必要かどうかを示します。値:

     Y

     パッケージを使用しているユーザにかかわらず、コンポーネントの検証が必要です。

     O

     コンポーネント検証はオプションです。 検証が実行されるかどうかは、パッケージを使用しているユーザによって決まります。

 

PKGSEC

パッケージ・オプションを制御するセキュリティのタイプを示します。

     APPROVER

     この値は、サイトがパッケージ・アクションをパッケージ承認者に制限したいことを示します。

     ESI

     サイトが、ESIインターフェース経由でCA ACF/2 for z/OS、CA Top Secret、およびIBM RACFなどの外部セキュリティ・パッケージによってパッケージ・オプションを制御したいことを示します。

     MIGRATE

     サイトがAPPROVERセキュリティとESIセキュリティの間で移行中であることを示します。両方がチェックされます。

注:APPROVERセキュリティ・ルールはESIセキュリティ・ルールよりも優先されます。ユーザがAPPROVERルールによってパッケージへのアクセスを許可される場合、ESIは呼び出されません。ESIが呼び出されるのは、パッケージに関連付けられている承認者グループにユーザが属していない場合です(パッケージに関連付けられている承認者グループがない場合(これは、キャスト前の「すべての」パッケージに該当します)、アクセス制限は適用されません)。

 

PRBLKSZ=0

プロセッサのコンパイル時に、一時ファイルに対して使用されるブロックサイズを示します。BLKSIZE=0をサポートしないz/OSのバージョンを使用している場合、このパラメータに121の倍数である値を指定する必要があります。

 

PRLNKSZ=(256K,64K)

リンケージ・エディタによって使用されるサイズ・パラメータを示します。多くのシンボリックを持つ非常に大きなプロセッサを追加する際に、このパラメータの値を増やす必要がある場合があります。たとえば、(384K,64K)を使用します。

 

PRLSTSZ=10

PRLSTSZの値は、プロセッサ・リスト用のプライマリおよびセカンダリの両方のスペース割り当てパラメータ(シリンダ数)に使用されます。非常に大きなプロセッサに対して、PRLSTSZの値を増やす必要がある場合があります。

 

PROC

プロセッサがユーザのサイトで有効かどうかを示します。サイトでプロセッサを使用する場合は「Y」を指定します。そうでない場合は「N」を入力します。

注:詳細については、「Extended Processors Guide」を参照してください。

 

RACFUID

データセット許可確認用の代替ユーザID。

 

RJCLROOT

リモートJCL生成の選択を制御します。以下の3つの選択肢があります。

     RJCLROOT

     指定されていません。モデル・メンバを使用せずに、プログラムによってジョブ・ストリームを生成します。

     RJCLROOT=FCPY

     リモート・コピーおよび削除用にCA-PDSMAN FASTCOPY JCLを作成するために、文字列#RJFCPYで始まるモデル・メンバのセットを使用して、ジョブ・ストリームが生成されることを指定します。

     RJCLROOT=ICPY

     文字列#RJICPYで始まる、モデル・メンバのセットを使用して、ジョブ・ストリームが生成されることを指定します。これらのメンバは、IEBCOPYおよびIDCAMSのJCLステートメントを再構築します。

 

SITEID(必須エントリ)

ユーザのサイトを識別する1文字の名前。それはサイトを区別するために内部で使用されます。デフォルトは0(ゼロ)です。

SITEIDはCA Endevorフットプリントの重要な要素です。既存のCA Endevorインストールに対してこのパラメータを変更すると、そのインストールの環境の各エレメントでフットプリント被害エラーが発生します。

 

SMFREC#

このサイトでCA Endevorによって書き込まれるSMFレコードに割り当てられるSMFレコード番号。SMFオプションを実装するまで、この値を0(ゼロ)に設定します。

SMFアクティビティ・レコードまたはSMFセキュリティ・レコード、またはその両方を完全に記述する場合は、このパラメータの値を入力する必要があります。実際に記述するレコードを制御するパラメータは、TYPE=ENVRNMTマクロ内のSMFACTおよびSMFSECです。

 

SOFETCH

フェッチされたエレメントがユーザにサインアウトされる必要があるかどうかを示します。まだ誰にもサインアウトされていない場合は、「Y」サインアウトされない場合は「N」を指定します。

この値は、Add(Fetch)、Generate(Copyback)、Move(Fetch)、Transfer(Fetch)、SearchおよびReplace(Fetch)およびQuick Editで有効になります。

 

SPFEDIT

CA Endevorが順次ファイルまたは区分データセット(RECFM=Uではない場合)に対してエンキューを発行するときに使用するキュー名。これは、ソース・ライブラリ、オブジェクト・ライブラリ、または他のユーザ・ライブラリである場合があります。デフォルトはSPFEDITです。

エンキュー名のリソース名はデータセット名です。

 

SPAWN

同時アクション処理機能が有効かどうかを決定します。指定可能な値は「Y」または「N」です。

     N(デフォルト)- 同時アクション処理が無効であることを示します。アクションは、他のいずれかのC1DEFLTSパラメータまたはジョブ・リクエストJCL上のEN$CAPまたはEN$CAPnn JCL DDカードの存在に関わらず、一度に1つ処理されます。

     Y - 同時アクション処理が有効であることを示します。ただし、SPAWNCNT=0の場合、EN$CAPnn DDカードがJCL内に存在し、nn(生成するサーバの数)が2より大きくない限り、同時アクション処理は実行されません。

 

SPAWNCNT

ジョブに対して許可されているアクション・リクエストの数。指定可能な値は0および2~99です。この値はSPAWNMAX値以下である必要があります。

     0 - 同時アクション処理は無効です。SPAWNの設定にかかわらず、アクションはシングル・スレッドです。

     2-nx - 1つのタスクに対して許可されるアクション・リクエストの最大数を示します。SPAWN=Nの場合、0より大きい値は許可されません。これは、EN$CAP DDカードがJCL内にある場合に、作成されるプロセッサの数です。

注:SPAWN=Yが指定される場合、ユーザは、ジョブ・リクエストJCLでEN$CAPnn DDカードを使用することで、0のSPAWNCNTを無視できます。EN$CAPnn JCL DDステートメント内のnn値が00の場合、ジョブに対する同時アクション処理は無効になります。

 

SPAWNMAX

ジョブに対して許可されているアクション・リクエスト領域の最大数。指定可能な値は2から99までです。SPAWNインジケータの値が「N」に設定される場合、ゼロが有効であることに注意してください。

 

SPAWNPROC

同時アクション処理サーバの1~8文字の名前。この名前は、CA CCI SERVICE定義service_nameおよびスターティッド・タスク・プロシージャ名である必要があります。名前が必要なのは、SPAWNインジケータの値が「Y」に設定されている場合のみです。

 

SYMBOLTBL

サイトで定義されたシンボリックを使用している場合、ユーザのサイトで使用中のシンボリック・テーブルの名前を示します。

 

SYNC@CHK

サイトでソース同期がアクティブかどうかを指定します。有効な値は、「Y」または「N」またはブランクです。デフォルトはSYNC@CHK=です。

ブランクまたはNを指定すると、ソース同期が非アクティブになります。

 

SYNC@MSV

ソースがソフトウェア・ライフサイクルでより高いロケーション(同期ロケーションとしてマーキングされている)にあるそれ自体のインスタンスと非同期であることが確認された場合、ログ・メッセージがアクション・ログに書き込まれます。このパラメータは、これらのメッセージの重大度を決定します。「I」を指定すると、情報非同期ログ・メッセージが生成され、「W」を指定すると、警告(Warning)ログ・メッセージが生成され、「C」を指定すると、警告(Caution)ログ・メッセージが生成されます。デフォルトはSYNC@MSV=です。

ブランクを指定すると、デフォルトでIになります。

 

SYSIEWL

CA Endevorが、RECFM=Uを指定して定義された区分データセット(たとえばロード・ライブラリ)に対してエンキューを発行するときに使用するキュー名。デフォルトはSYSIEWLPです。

エンキュー用のリソース名はデータセット名です。

 

TYPESEQMBR

Type Sequenceメンバの名前を示します。これによって、Global Type Sequencingが有効になります。Type Sequenceメンバは、アクションのインベントリ・ロケーションにかかわらず、ユーザのサイトでエレメント・アクションが処理されるタイプ・シーケンス順を定義します。このパラメータを指定する場合、Parmlibデータセット・パラメータも指定する必要があります。空のType Sequenceメンバは、タイプ名順のタイプ・シーケンスを強制します。

 

UIDLOC

バッチで所有権(すなわち、エレメント・サインアウトおよびサインアウト・オーバーライド・チェック)に関して比較される必要があるユーザIDの文字位置。開始位置および文字数を指定します。

たとえば、ユーザIDの最初の3文字を取得する場合は、UIDLOC=(1,3)を指定します。デフォルトは最初の7文字です。UIDLOC=(1,7)。

 

VIOUNIT(必須エントリ)

仮想I/Oユニットに格納される一時ディスク・データセットのユニット名。

 

WRKUNIT(必須エントリ)

仮想I/Oユニットに格納されない一時ディスク・データセットのユニット名。

 

WORKVOL

一時データセットの格納に使用されるディスクのボリューム・シリアル番号。

 

 

TYPE=ENVRNMNTマクロ

 

以下にTYPE=ENVRNMNTマクロを示します。

----+----1----+----2----+----3----+----4----+----5----+----6----+----7----+----8

         C1DEFLTS TYPE=ENVRNMNT,                                       X

               ENDBAVL=N,               ENDEVOR DB OPTION AVAILABLE    X

               ENDBACT=N,               ENDEVOR DB ACTIVE FLAG         X

               ENTRYSTG#=1,             ENTRY STAGE IS STAGE 1         X

               ENVNAME='MVSTEST',       ENVIRONMENT NAME (8 CHAR)      X

               ENVTITL='SAMPLE TEST ENVIRONMENT', TITLE (40 CHAR)      X

               JRNLGRP=,                PITR JOURNAL GROUP ID          X

               NEXTENV=(MVSPROD,P),     NEXT ENV/STG ID IN MAP (8,1)   X

               RSCETBL=,                RESOURCE SECURITY TABLE NAME   X

               SMFACT=N,                SMF ACTIVITY OPTION (Y/N)      X

               SMFSEC=N,                SMF SECURITY OPTION (Y/N)      X

               STG1ID='U',                                             X

               STG1NME='UT',                                           X

               STG1PSAS=N,              STAGE 1 PROM STOP AT STG (Y/N) X

               STG1TTL='UNIT TEST',                                    X

               STG1VSM='SPRFX.SQUALUT.MCF',                            X

               STG2ID='Q',                                             X

               STG2NME='QA',                                           X

               STG2PSAS=N,              STAGE 2 PROM STOP AT STG (Y/N) X

               STG2TTL='QUALITY ASSURANCE',                            X

               STG2VSM='SPRFX.SQUALQA.MCF',                            X

               SYNC@BLOC=N,             REGRESSION ALERT START LOC     X

               USERTBL=                 USER SECURITY TABLE NAME

         C1DEFLTS TYPE=ENVRNMNT,                                       X

               ENDBAVL=N,               ENDEVOR DB OPTION AVAILABLE    X

               ENDBACT=N,               ENDEVOR DB ACTIVE FLAG         X

               ENTRYSTG#=1,             ENTRY STAGE IS STAGE 1         X

               ENVNAME='MVSPROD',       ENVIRONMENT NAME (8 CHAR)      X

               ENVTITL='SAMPLE PRODUCTION ENVIRONMENT', TITLE (40 CHAR)X

               JRNLGRP=,                PITR JOURNAL GROUP ID          X

               NEXTENV=,                NEXT ENV/STG ID IN MAP (8,1)   X

               RSCETBL=,                RESOURCE SECURITY TABLE NAME   X

               SMFACT=N,                SMF ACTIVITY OPTION (Y/N)      X

               SMFSEC=N,                SMF SECURITY OPTION (Y/N)      X

               STG1ID='I',              STAGE 1 IDENTIFIER (1 CHAR)    X

               STG1NME='INT',           STAGE 1 NAME (8 CHAR)          X

               STG1PSAS=N,              STAGE 1 PROM STOP AT STG (Y/N) X

               STG1TTL='INTEGRATION STAGE',    STAGE 1 TITLE (20 CHAR) X

               STG1VSM='SPRFX.SQUALINT.MCF',   STAGE 1 MCF (VSAM)      X

               STG2ID='P',              STAGE 2 IDENTIFIER (1 CHAR)    X

               STG2NME='PRD',           STAGE 2 NAME (8 CHAR)          X

               STG2PSAS=N,              STAGE 2 PROM STOP AT STG (Y/N) X

               STG2TTL='PRODUCTION STAGE',     STAGE 2 TITLE (20 CHAR) X

               STG2VSM='SPRFX.SQUALPRD.MCF',   STAGE 2 MCF (VSAM)      X

               SYNC@BLOC=N,             REGRESSION ALERT START LOC     X

               USERTBL=                 USER SECURITY TABLE NAME

 

複数の環境を指定するには、必要な回数だけこのマクロをコピーします。

注:環境マップを作成する場合は、それぞれの定義の中で次の環境を指定する必要があります。最初の環境から最後の環境まで(一番上から下に向かって)、適切な順で記述されていることを確認します。

 

3つの環境の例を以下に示します。

----+----1----+----2----+----3----+----4----+----5----+----6----+----7----+----8

         C1DEFLTS TYPE=ENVRNMNT,                                       X

                  .

                  .

                  .

               USERTBL=

         C1DEFLTS TYPE=ENVRNMNT,                                       X

                  .

                  .

                  .

               USERTBL=

         C1DEFLTS TYPE=ENVRNMNT,                                       X

                  .

                  .

                  .

               USERTBL=

 

以下では、それぞれのTYPE=ENVRNMNTマクロの定義を示します。

 

ENDBACT

IDMSブリッジのCA Endevor/DBへのCA Endevorに関連するパラメータ。

 

ENDBAVL

IDMSブリッジのCA Endevor/DBへのCA Endevorに関連するパラメータ。

 

ENTRYSTG#

環境のエントリ・ステージを、1または2で示します。このパラメータが定義されていないと、エントリ・ステージはデフォルトで1になります。

 

ENVNAME(必須エントリ)

このマクロが適用されるCA Endevor環境の名前を最大8文字で指定します。この値は、このC1DEFLTSテーブル(すなわちこのサイト)内で一意であることが必要です。名前に使用できるのは文字A~Z、0~9、@、#、$だけです。

ENVNAMEは、CA Endevorフットプリントの重要な要素です。既存のz/OS環境に対してこのパラメータを変更すると、その環境内の各エレメントでフットプリント侵害エラーが発生します。

 

ENVTITL(必須エントリ)

環境を説明するタイトルを、最大40文字で指定します。

 

JRNLGRP

CA L-Servジャーナル・グループID。入力すると、このマクロで名前を付けたマスタ・コントロール・ファイルが、特定のCA L-Servジャーナル・ファイル・セットに関連付けられます。このパラメータを使用すると、マスタ・コントロール・ファイルのベース・ライブラリおよびデルタ・ライブラリ(VSAMと非VSAMの両方)でジャーナルが有効になります。

     形式:(gggg,nnnn)

     gggg

     MCFおよびデルタ・ジャーナル・ファイルに関連付けられているジャーナル・グループID。

     nnnn

     ジャーナル・グループ・サブシステムID。

     注:詳細については、「Utilities Guide」を参照してください。

 

NEXTENV

環境マップでの次の環境/ステージの場所。形式は、(環境名, ステージID)です。

     環境名

     次の環境の1~8文字の名前。

     ステージID

     その環境内のステージの識別子(1または2)。ステージIDを指定しないと、CA EndevorではデフォルトでSTAGE ID=1が使用されます。

 

RSCETBL

この環境のCA Endevorリソース・セキュリティ・テーブルの名前を、1~8文字までで指定します。リソース・セキュリティ・テーブルによって、1つ以上のエレメントを環境内の特定のシステムおよびサブシステムに制限することができます。各環境に対して1つのリソース・セキュリティ・テーブルを定義します(必要に応じて)。

エレメントを特定のシステムおよびサブシステムに制限しない場合、このフィールドは空白のままにしておきます。制限を使用する場合、このフィールドに入力し、「セキュリティ・ガイド」の説明に従ってリソース・セキュリティ・テーブルを準備します(ネイティブ・セキュリティにのみ適用されます)。

 

SMFACT

CA EndevorがSMFアクティビティ・レコードを書き出すかどうかを示します。アクティビティ・レコードを書き出す場合、このパラメータを「Y」に設定します。それ以外の場合は、このパラメータを「N」に設定します。デフォルトはNです。

このパラメータを「Y」に設定した場合、TYPE=MAINマクロでSMFREC#に値を指定する必要があります。SMFREC#を指定しないと、CA EndevorではSMFACTパラメータは無視されます。

 

SMFSEC

CA EndevorがSMFセキュリティ・レコードを書き出すかどうかを示します。セキュリティ・レコードを書き出す場合、このパラメータを「Y」に設定します。それ以外の場合は、このパラメータを「N」に設定します。デフォルトはNです。

このパラメータを「Y」に設定した場合、TYPE=MAINマクロでSMFREC#に値を指定する必要があります。SMFREC#を指定しないと、CA EndevorではSMFSECパラメータは無視されます。

 

STG1ID(必須エントリ)

処理中に目的のステージを選択(または識別)するために使用される、最初のステージ用の1文字の識別子。よく使用される識別子は1またはAです。デフォルトは1です。

 

STG1NME(必須エントリ)

この環境の「ステージ1」に割り当てられる最大8文字の名前。ステージ名は、サイト内(Defaultsテーブル内)のすべての環境にわたって一意である必要があります。ステージ名には、次の文字のみを使用できます:A~Z、0~9、@、#、$。

よく使用されるステージ1の名前は、PREPROD、QA、STAGE1ID、およびTESTです。

 

STG1PSAS

これはステージ・レベル・パラメータです。Yに設定すると、プロモーション・パッケージのSTOP-AT-STAGE機能をアクティブにします。同じ環境内では、1つまたは両方のステージでこの機能を有効にできます。2番目のステージでこの機能をアクティブにするには、STG2PSASを使用します。また、複数の環境(たとえばQA/1およびPRD/1の両方)でこの機能をアクティブにすることができます。

この機能をアクティブにしない場合、「STG1PSAS=N」または「STG1PSAS=」をコードに記述するか、全くコードに記述しないことで指定できます。デフォルトはNです。

 

STG1TTL(必須エントリ)

最初のステージの説明的なタイトル(1~20文字)。この名前は、このステージを説明するためにさまざまなパネルおよびレポートで使用されます。

 

STG1VSM(必須エントリ)

インストール中に定義された、ステージ1用のマスタ制御ファイルのデータセット名。このデータセット名はデフォルトでuprfx.uqual.STAGE1になります。

 

STG2ID(必須エントリ)

処理中に目的のステージを選択(または識別)するために使用される、2番目のステージ用の1文字の識別子。よく使用される識別子は2またはBです。デフォルトは2です。

 

STG2NME(必須エントリ)

この環境の「ステージ2」に割り当てられる最大8文字の名前。ステージ名は、サイト内(Defaultsテーブル内)のすべての環境にわたって一意である必要があります。ステージ名には、次の文字のみを使用できます:A~Z、0~9、@、#、$。

 

STG2PSAS

これはステージ・レベル・パラメータです。Yに設定すると、2番目のステージでプロモーション・パッケージのSTOP-AT-STAGE機能をアクティブにします。同じ環境内では、1つまたは両方のステージでこの機能を有効にできます。最初のステージに対してこの機能をアクティブにするには、STG1PSASを使用します。また、複数の環境(たとえばQA/1およびPRD/1の両方)でこの機能をアクティブにすることができます。

この機能をアクティブにしない場合、「STG2PSAS=N」または「STG2PSAS=」をコードに記述するか、全くコードに記述しないことで指定できます。デフォルトはNです。

 

STG2TTL(必須エントリ)

2番目のステージの説明的なタイトル(1~20文字)。この名前は、このステージを説明するためにさまざまなパネルおよびレポートで使用されます。

 

STG2VSM(必須エントリ)

インストール中に定義された、ステージ2用のマスタ制御ファイルのデータセット名。このデータセット名はデフォルトでuprfx.uqual.STAGE2になります。

 

SYNC@BLOC

環境およびステージの場所がソース同期の場所かどうかを指定します。SYNC@BLOC=Yの場合、アクションによってエレメントをこの場所またはマップの上部に追加または移動されると、同期チェックが実行されます。マップの下部にあるエレメントが新しいエレメントと同期されていない場合、下部にある非同期エレメントの所有者に同期通知の電子メールが送信されます。C1DEFLTSに複数のSYNC@BLOCが指定されている場合、その指定(SYNC@BLOC=、SYNC@BLOC=NまたはSYNC@BLOC=Y)に関係なく、最初のSYNC@BLOCを以外はすべて無視されます。

 

USERTBL

この環境のCA Endevorユーザ・セキュリティ・テーブルの名前を最大8文字で指定します。ユーザ・セキュリティ・テーブルによって、環境内のすべてのユーザが使用可能なシステムおよびサブシステムを制御することができます。各環境に対して1つのユーザ・セキュリティ・テーブルを定義します(必要に応じて)。

環境内のシステムおよびサブシステムを制御しない場合、このフィールドは空白のままにしておきます。システムおよびサブシステムの可用性を制御する場合、このフィールドに入力し、「セキュリティ・ガイド」の説明に従ってユーザ・セキュリティ・テーブルを準備します(ネイティブ・セキュリティにのみ適用されます)。

 

 

TYPE=ENDマクロ

 

TYPE=ENDマクロは、テーブル定義の終わりを示します。最後のTYPE=ENVRNMNTマクロの後に配置します。

以下にTYPE=ENDマクロを示します。

----+----1----+----2----+----3----+----4----+----5----+----6----+----7----+----8

         C1DEFLTS TYPE=END

         END

 

このマクロは変更しないでください。

Attachments

    Outcomes