CA Service Desk Manager (CA SDM) がEmbedded Entitlements Manager (EEM) をユーザ認証に使用するよう設定されている場合、EEMのUIに直接ログインするときと比べて、CA SDMログインにかなり時間がかかる。

Document created by Kaori_K Employee on Jun 17, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC000360
製品名Service Desk Manager
バージョン12.7, 12.9
OSWindows

 


 

◆ Description

 

通常、EEM SDK拡張ログを有効にすることで、どこで時間がかかっているのか、調査を進めるための手がかりを得ることができます。
拡張ログによる調査で得られる原因以外に、EEM/CA SDMサーバのネットワークの問題、名前解決が正常に行われていない、ことなどが根本原因としてあげられます。

 

◆ Solution

 

EEMサーバが、ホスト名の名前解決を行うためには、PTRレコードが必要です。

これは、関連するそれぞれのサーバ情報をHostsファイルに入力することでも実現可能です。

 

これを確認するには、IPアドレスとホスト名の両方に対し、nslookupを実行してください。

 

例:
EEMサーバで実行

c:>nslookup SDMServerName <enter>
c:>nslookup IP_Address_of_SDMServerName <enter>

 

CA SDM サーバ実行

c:>nslookup EEMServerName <enter>
c:>nslookup IP_Address_of_EEMServerName <enter>

 

EEMサーバにフェイルオーバーの設定をしている場合、上記の操作をそれぞれのEEMサーバノード上で行ってください。
また、CA SDMサーバからも、それぞれのEEMノードに対し、Lookupを行ってください。

 

レスポンスの違いを確認するために、これらのサーバのショートネーム/NetBios名とFQDN名を使用して、上記の操作を行われることをお勧めします。

 


このドキュメントはCA Support Onlineに掲載されているナレッジベース TEC612556 を翻訳し加筆したものです。

Title: When CA Service Desk Manager (CA SDM) is configured to use Embedded Entitlements Manager (EEM) for Authenticating users, logging into CA SDM is taking considerably longer than logging directly into the EEM UI.

Attachments

    Outcomes