DISKのハード障害等で、AUDITデータセットが利用できなくなった場合の復元方法について教えてください。

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 17, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000663

 

製品名:CA 1 Tape Management

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question


DISKのハード障害等で、AUDITデータセットが利用できなくなった場合の復元方法について教えてください。


Answer


AUDITデータセットはTMSCOPYのバックアップからリストアできません。

TMSFORMTを利用して、AUDITデータセットを再フォーマットする必要がございます。


対応手順:

①AUDITデータセットを作成します。

データセットを大きさは現在のAUDITデータセットのサイズに合わせてJCLを修正して下さい。


サンプルJCLの格納先:

r12.0以降 CTAPJCL(TMSALLOC)

r11.5以前 SAMPJCL(L052IU)


上記のJCLのサンプルは、いずれもTMC、AUDITの両方を作成するJCLとなっています。

この為、TMCの作成部分に関しては、コメント化等適宜修正していただきますようお願いします。

以下の例は、r12.6のCTAPJCL(TMSALLOC)からの抜粋です。


 

//TMSALLOC JOB (ACCOUNT),'CA 1 INSTALL'

//**------------------------------------------------------------------*

//** THIS INSTALLATION JOB PERFORMS AN ALLOCATION OF THE *

//** TMC AND AUDIT DATA SETS. *

//**------------------------------------------------------------------*

//TMSALLOC PROC AUDUNIT='SYSDA',
// AUDVOL='VOLSER', 
// NVSNODE='CAI.CA1'

//*  TMCUNIT='SYSDA', 

//* TMCVOL='VOLSER' 

//ALLOCATE EXEC PGM=IEFBR14

//**------------------------------------------------------------------*

//** *

//**=======> ALLOCATE AND CATALOG CA 1 TMC *

//** *

//**------------------------------------------------------------------*

//*TMC DD DSN=&NVSNODE..TMC,

//* DISP=(NEW,CATLG,DELETE),

//* UNIT=&TMCUNIT, 

//* SPACE=(CYL,(10,0)),

//* DCB=(DSORG=PSU,RECFM=FB,LRECL=340,BLKSIZE=340),

//* VOL=SER=&TMCVOL 

//**------------------------------------------------------------------*
//** *
//**=======> ALLOCATE AND CATALOG CA 1 AUDIT *
//** *
//**------------------------------------------------------------------*
//AUDIT DD DSN=&NVSNODE..AUDIT, 
// DISP=(NEW,CATLG,DELETE),
// UNIT=&AUDUNIT, 
// SPACE=(CYL,(10,0)),
// DCB=(DSORG=PSU,RECFM=FB,LRECL=370,BLKSIZE=370),
// VOL=SER=&AUDVOL 
// PEND
//TMSALLOC EXEC TMSALLOC


②AUDITデータセットを再フォーマットします。

サンプルJCLの格納先:

r12.0以降 CTAPJCL(TMSFORMT)

r11.5以前 SAMPJCL(JOBFORMT)


以下の例は、r12.6のTMSFORMTのAUDITデータセットのJCLです。


 

//TMSFORMT JOB (ACCOUNT)

//**------------------------------------------------------------------*

//** *

//** TMSFORMT IS USED TO FORMAT THE INITIAL TMC AND AUDIT *

//** DATA SETS, AND TO REFORMAT THESE DATA SETS WHEN *

//** EXPANSION IS NEEDED. *

//** *

//** NOTE: WHEN FORMATTING A TMC WITH PARM=NEW, THE NAMES OF *

//** TMSXITE AND TMSXITU MUST BE SPECIFIED. *

//** THIS PARM IS NOT REQUIRED WHEN EXTENDING AN EXISTING *

//** RANGE. *

//**------------------------------------------------------------------*

//TMSFORMT PROC PRM='DEFAULT,NEW,TMSXITE=(TMSXITE),TMSXITU=(TMSXITU)',            注意1 

// AUDIT='CAI.CA1.AUDIT', 

// SOUT='*',

// REGN='4M', 

// TMC='CAI.CA1.TMC' 

//TMSFORMT EXEC PGM=TMSFORMT,REGION=®N, 

// PARM='&PRM' 

//TMSRPT DD SYSOUT=&SOUT

//SYSUDUMP DD SYSOUT=&SOUT

//TMC DD DSN=&TMC,

// DISP=OLD

//AUDIT DD DSN=&AUDIT, 

// DISP=OLD

//RESTORE DD DUMMY 

//TMDATA DD DUMMY, 

// DCB=BLKSIZE=340

// PEND

//FORMAT EXEC TMSFORMT 

//TMSFORMT.SYSIN DD *

FORMAT AUDIT=******      <<==  レコード数を指定します。注意2

/* 



③CA 1を再起動して、新しいAUDITデータセットをCA 1に対して反映します。

(AUDITデータセットを共有している場合には、全てのシステムでCA 1を再起動してください)


注意1:TMSXITE=(TMSXITE),TMSXITU=(TMSXITU)は、R12.6以降にて有効なパラメータです。


注意2:現在利用中のAUDITデータセットのレコード数を確認するには、TMSCOPY処理のレポートの"NUMBER OF AUDIT RECORDS."の値をご覧ください。


Attachments

    Outcomes