AUDITデータセットを拡張しようと思っています。AUDITレコードの算出方法について教えてください。

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 18, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000675

 

製品名:CA 1 Tape Management

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question


AUDITデータセットを拡張しようと思っています。AUDITレコードの算出方法について教えてください。


Answer


AUDITデータセットのサイズは、TMC上のアクティビティの量により決定されます。

アクティビティの量は、テープ・マウントの回数、オンライン更新の量、バッチ更新の量、およびTMCデータセットのバックアップの頻度から知ることができます。


次の式を使用できます。


((テープ・マウントの回数 × 6) + 100) × 2 = AUDITレコードの数


たとえば、TMCが毎日1回バックアップされるとします。また、アクティビティの多い日には、テープ・マウントが1日に2,000回行われるとすると、AUDITレコードの数は次のように計算されます。


((2,000 × 6) + 100) × 2 = 24,200


この方法で、常に少なくとも2日分のテープ・アクティビティを記録できる量をAUDIT用として確保します。

3380装置で必要となるストレージは、ブロック・サイズ370バイトで、440トラック、つまり29シリンダとなります。


Attachments

    Outcomes